motion designerモーションデザイナーの仕事を知ろう!

モーションデザイナーのお仕事紹介

ゲームのキャラクターが、雰囲気によって動きを変えたり、爽快なアクションを起こしたりしたら、途端に臨場感が湧き、ゲームに引き込まれていきませんか。モーションデザイナーは、動きをつけることによって、キャラクターを生き生きと魅せる仕事です。それでは実際にはどのようなことを行い、どのようなスキルが必要な仕事なのか見ていきましょう。

モーションデザイナーとは?

モーションデザイナーはゲームなどのキャラクターの動作をデザインする仕事です。ゲームの世界では、基本的にセリフなどによってストーリーが進んでいきます。しかし、セリフだけではキャラクターの特徴や性格について把握しづらい面もあるはず。モーションデザイナーは、戦闘時のアクションはもちろんのこと、キャラクター動作を考えることによって、キャラクターの性格をより明確にし、よりユーザーをゲームに引き込む役割を担っています。いわば、キャラクターに命を吹き込む仕事なのです。
ただし、おさえておきたいのは、モーションデザイナーはあくまでも動作のデザインを行う仕事だということ。実際のキャラクターの動きは、プログラマーがプログラムで構築していきます。中には、モーションデザイナーがデザインしたものでも、プログラム上難しいものもあるため、プログラマーなどとの密な打ち合わせが重要です。

モーションデザイナーになるには?(必要な資格・スキル)

モーションデザイナーになるには、ゲーム制作会社などに採用されて仕事につくのが一般的です。こうした働き先では、デザインやゲーム系の専門学校や大学卒業者が多く働いています。 モーションデザイナーになるのに、必要な資格はありません。しかし、就職の際はモーションデザインに必要なソフトの知識などを求めている会社が多いです。モーションデザインで良く使用されるソフトは、3DCGソフトのMayaや3dx Max、MotionBuilder。これらの3DCG系のソフトの知識、そして実際にモーションの制作についての知識も備えていると良いでしょう。

モーションデザイナーの年収は?

モーションデザイナーの初任給は18~25万円で、年収は300~700万円。最近では、ゲームアプリの売り上げ増加に伴って、ゲームアプリ開発会社での募集も増えています。

モーションデザイナーの求められる人物像は?

モーションデザイナーは、キャラクターに動きをつけ、命を吹き込む仕事ですから、豊かな発想力やアイディア、そして動きを考えるもとになる観察力が求められます。
また、モーションデザインは単に黙々とデザインを行うのではなく、プログラマーやディレクターなどと共同で仕事を進めることが多い仕事です。そのため、コミュニケーション力はもちろんのこと自分のデザインをうまく伝える力も求められます。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

モーションデザイナーとして将来的に働くことを考えているなら、まずはゲーム業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにゲーム業界に入るには専門知識が必須。モーションデザイナーとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

ゲームカレッジ

CGデザイナー専攻

関連する職種も確認する

©2018 Human Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.

Topに戻るTop