character designerキャラクターデザイナーの仕事を知ろう!

キャラクターデザイナーのお仕事紹介

キャラクターの生みの親であれるキャラクターデザイナーの仕事。ゲーム業界においては開発部門の1つとして、キャラクターの制作を主に担います。CGデザイナー専攻が目指せるキャラクターデザイナーについて、仕事の内容と必要なスキルなどをチェックしてみましょう。

キャラクターデザイナーとは?

キャラクターデザイナーは、ゲームやアニメ、紙媒体など様々な分野でキャラクターをデザインする職業です。まず、キャラクターデザイナーの仕事はクライアントの要望に応えつつ発想力を活かして、キャラクターを作り出すことからはじめます。アイディアの段階では、手書きでデッサンするのが一般的。その際、様々な場面で用いられることを考えて、角度や表情、ポーズなどを変えて同じキャラクターだけでいくつものイラストを作成していきます。キャラクターが採用されたら、次は実際に使用できるように電子媒体にしていくのが第二段階。画像編集ソフトやイラストソフトなどを使用して、パソコン上で描き出していきます。ゲームの現場においては、3DCGの知識を用いて立体的に描き出すことも少なくありません。

キャラクターデザイナーになるには?(必要な資格・スキル)

キャラクターデザイナーになるには、ゲームメーカーやデザイン会社の他、玩具や文具メーカーに採用されて仕事に就くのが一般的です。こうした働き先では、美術大学やグラフィック・デザインの専門学校卒業者が多く働いています。

キャラクターデザインの仕事において必要な資格はありませんが、デッサンや画像編集ソフトの基本的な使い方など最低限のデザインに関する知識は押さえておく必要があります。特に、様々な業界でメジャーな画像編集ソフトのPhotoshopやIllustratorの使い方は知っておきたいところ。また、ゲーム業界での就職を希望しているのなら、3ds Maxなどの3DCGソフトに関する知識もプラスで学習しておくとよいでしょう。

キャラクターデザイナーの年収は?

キャラクターデザイナーの初任給は16~20万円で、年収は300~450万円。ただし、制作したキャラクターが人気となれば、高収入を期待することもできます。

キャラクターデザイナーの求められる人物像は?

キャラクターデザイナーの世界では、電子媒体が主になった今でも高いデッサン能力が求められます。デッサンも特定のものを指すのではなく、より多くの依頼に対応できるように人物から自然のもの、動物、建物まで様々なものを描けるということが強みになります。キャラクターデザイナーを目指すのであれば、今のうちから様々なものをデッサンして慣らしていくことが大切です。他にも、豊かな発想力を持っているという点も重要です。やはりキャラクターデザイナーとしてキャラクターを印象付けるには、「他とは違う魅力がある」という点も求められます。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

キャラクターデザイナーとして将来的に働くことを考えているなら、まずはゲーム業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにゲーム業界に入るには専門知識が必須。キャラクターデザイナーとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

ゲームカレッジ

CGデザイナー専攻

関連する職種も確認する

©2018 Human Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.

Topに戻るTop