game programmerゲームプログラマーの仕事を知ろう!

ゲームプログラマーのお仕事紹介

ゲームプログラマーは、ゲームクリエーターの中でもゲーム構築の基盤となる職業です。プログラムがあってはじめて、バラバラだったグラフィックやBGMなどが組み合わさり1つの制作物ができ上がっていきます。さっそく、仕事内容や必要なスキルについてみてみましょう。

ゲームプログラマーとは?

ゲームプログラマーは、ゲーム制作おけるプログラミングを構築する職種です。C言語やC++などのゲーム制作で使われるプログラミング言語を用いてコンピュータに指示し、ゲームがうまく動くようにシステムを構築していきます。また、プラグラムの構築を行うだけでなく、プログラムを見ただけではわからないバグの修正など実際に動作を確認する作業を行うこともあります。

プログラム構築の他にも、プログラマーにとって大切なことが企画とのすり合わせです。ゲームプログラムを構築するにあたって、企画の内容によっては実現が難しいものもあります。企画をどのようにプログラムとして落としていくか、他のチームとの連携も行っていきます。

ゲームプログラマーになるには?(必要な資格・スキル)

ゲームプログラマーになるには、ゲームメーカーやゲーム制作会社に採用されて仕事に就くのが一般的です。こうした働き先では、情報系の大学やプログラム専攻がある専門学校の卒業者が多く働いています。

ゲームプログラマーになる際、資格は必要ありませんが専門の知識を身に付けておいた方が就職には有利です。特に、ゲームメーカーへの就職を考えているなら、プログラムの知識は必須でしょう。さらに、多くのゲーム機で使用されるC言語やC++はおさえておきたいところです。また、スマートフォンの普及により、最近ではゲームアプリなどを開発している会社も多くあります。ゲームアプリの開発を考えているなら、JavaやFlash、HTML5の知識も持っておきたいところです。

ゲームクリエーターの年収は?

ゲームクリエーターの初任給は、16~20万円で、平均年収は300~600万円です。トップセールス級のゲームをプロデュースした場合などは、この限りではなく、年収1000万円を超えるクリエーターも存在します

ゲームプログラマーの求められる人物像は?

ゲームプログラマーの仕事は、システムを構築する地道なものです。プログラムが少し違うだけでも、バグに繋がってしまいます。そのため、プログラマーは細かなことに気付ける繊細さや注意力のある人物が求められます。また、健康をしっかりと管理することも大切です。業務では、バグの修正などに追われて残業が続いてしまうことも少なくありません。身体的にも精神的にもしっかり自己管理できるという点もポイントです。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

ゲームプログラマーとして将来的に働くことを考えているなら、まずはゲーム業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにゲーム業界に入るには専門知識が必須。ゲームプログラマーとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

ゲームカレッジ

プログラマー専攻

関連する職種も確認する

©2018 Human Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.

Topに戻るTop