game plannerゲームプランナーの仕事を知ろう!

ゲームプランナーのお仕事紹介

ゲームの企画から、クライアントやプロデューサーなどの橋渡し役として業務を行うゲームプランナーは、ゲーム立案の要となる重要な役どころです。自分のアイディアを形にしてみたいという方にぴったりなゲームプランナーのお仕事について紹介します。

ゲームプランナーとは?

ゲームプランナーとは、ゲームの企画から制作・集計などを担う職種です。まずは顧客のニーズやどういった層向けに発売するのかをもとに、ゲームの企画を行うことから始まります。そしてプロデューサーやディレクターとすり合わせを行いながら、ゲームの概要を作成。それをもとにして、ゲームのレイアウトやルールなどの詳細な仕様書を作成していきます。

プログラマーやデザイナーはプランナーの作成する仕様書をもとに開発を行っていくため、明確な仕様書を作成しなければなりません。そして、ゲームが開発されたあとにテストプレイを行い、ゲームのデバッグや改善点などを挙げていきます。企画だけでなく、企画をどのように現実化していくか検証するのもプランナーの仕事なのです。また、ゲームが開発されたあとにもゲームプランナーとして、開発後の集計や分析といった仕事が待っています。集計や分析は、今後のゲームの改善や次回作を制作するうえで重要な仕事なのです。

ゲームプランナーになるには?(必要な資格・スキル)

ゲームプランナーになるには、ゲームメーカーやゲーム開発会社に採用されて仕事に就くのが一般的です。こうした働き先では、大学やゲーム専攻のある専門学校卒業者が多く働いています。 ゲームプランナーになるための必要な資格はありませんが、分析能力やコミュニケーション能力が重視されます。まず、プランナーは自分の作りたいゲームではなく、市場のニーズを把握したうえでゲームを企画しなくてはなりません。いわゆるマーケティング能力が求められるのです。こうした物事を分析する力や開発部への詳細な仕様書を作るには、学校などでプランナーとしての流れを一度学習しておくとよいでしょう。

ゲームプランナーの年収は?

ゲームプランナーの初任給は18~22万円で、年収は300~500万円。しかし、ヒット作を作り上げた場合はこの限りではありません。ドラゴンクエストやスーパーマリオなどの超ヒット作を作ると年収が億単位になるケースもあります。

ゲームプランナーの求められる人物像は?

ゲームプランナーは、プロデューサーやディレクターと同様に開発部門とすり合わせを行いながら、より理想的なゲームを作り上げていく仕事です。自分の言いたいことをしっかりと相手に伝えられる、高いコミュニケーション能力が求められます。また、豊かな発想力も重要です。プランナーとは、ゲーム作りの原点であるゲームの企画を行う仕事。柔軟な思考や豊かな発想力、加えてニーズを取り込むための分析力が求められます。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

ゲームプランナーとして将来的に働くことを考えているなら、まずはゲーム業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにゲーム業界に入るには専門知識が必須。ゲームプランナーとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

ゲームカレッジ

プランナー専攻

関連する職種も確認する

©2018 Human Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.

Topに戻るTop