game directorゲームディレクターの仕事を知ろう!

ゲームディレクターのお仕事紹介

ゲーム制作を指揮するという点で、ゲームプロデューサーと混同されがちなゲームディレクターの仕事。厳密には、ゲーム開発寄りのディレクターは、プロデューサーの仕事内容と少々異なります。ゲーム作りの現場でリーダーとなって指揮するディレクターの仕事や必要なスキルなどについてチェックしてみましょう。

ゲームディレクターとは?

ゲームディレクターは、ゲームプロデューサーがゲーム制作の外枠を統括するのに対して、内枠である制作の現場を統括するという職業です。具体的にはスケジュール管理の他、ゲーム制作スタッフに対するアドバイスや指示、チームのまとめ役となってゲーム制作の場に関わります。大規模な現場になると、プログラム部門のディレクター、グラフィック部門のディレクターなど、さらに細かく分けられ各々の部門を指揮することも少なくありません。いずれにしろ、ゲーム開発を直接行わないものの、ゲーム制作の全体を指揮するという立場上、ゲームディレクターの手腕はゲーム制作に大きく影響します。

ゲームディレクターになるには?(必要な資格・スキル)

ゲームディレクターになるには、ゲームメーカーやゲーム開発会社に採用されて仕事に就くのが一般的です。こうした働き先では、大学やゲーム企画専攻などのある専門学校卒業者が多く働いています。ディレクターとして実際に働くには、ディレクター枠として入社する方法の他、プログラマーやキャラクターデザイナーなどの開発職で経験を積んでからなるといったケースがあります。大企業などでは、一定の経験を積んでからゲームディレクターに昇進するといった流れが一般的です。

ゲームディレクターになるにあたって必要な資格は特にありません。しかし、ゲーム開発の現場を直接指揮するという立場上、ゲーム開発の流れや中身などについてはしっかりと把握している必要があります。企画力だけでなく、ゲーム開発に関する最低限のことは理解しておかなくてはならないでしょう。

ゲームディレクターの年収は?

ゲームディレクターの年収は300~600万円。20代では300~400万円程度が平均です。プログラマーやキャラクターデザイナーなどの開発職と比べると、若干年収が高く設定されています。

ゲームディレクターの求められる人物像は?

まず、ゲームディレクターとして求められる要素はしっかりとコミュニケーションがとれるということ。プログラムやグラフィック、サウンドなど様々な開発を取りまとめる以上、開発を円滑に進めるためのコミュニケーションスキルは必須です。また、よりよいゲームを作り上げるという点で、実行力や豊かな発想力を持った人物が求められます。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

ゲームディレクターとして将来的に働くことを考えているなら、まずはゲーム業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにゲーム業界に入るには専門知識が必須。ゲームディレクターとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

ゲームカレッジ

プランナー専攻

関連する職種も確認する

©2019 Human Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.

Topに戻るTop