game producerゲームプロデューサーの仕事を知ろう!

ゲームプロデューサーのお仕事紹介

ゲーム制作を総括するゲームプロデューサー。プロデューサーの腕次第で、プロジェクトが効率的にうまくいくか左右されるといっても過言ではないでしょう。ディレクターなどと同様に、ゲームプロデューサーはチーム全体を支えるという点において、重要な位置にあります。具体的にどのような仕事をするのか、どのようなスキルが必要なのか紹介します。

ゲームプロデューサーとは?

ゲームプロデューサーは、ゲーム制作を統括的に企画する職種です。予算やスケジュールの組み立てを行う他、制作に携わるスタッフの選定や、販売促進の計画などを行います。また、ゲームプロデューサーの仕事は企画だけにはとどまりません。企業によってはゲームをプロデュースする前にある程度の予算が決められていることがあります。そうした中、決められた予算内でどのようにスタッフの能力を引き出していけるか、どのようにプロジェクトを遂行していくかを調整することも仕事の1つです。

ゲームプロデューサーになるには?(必要な資格・スキル)

ゲームプロデューサーになるには、ゲームメーカーやゲーム開発会社に採用されて仕事に就くのが一般的です。こうした働き先では、大学やゲーム企画科などのある専門学校の卒業者が多く働いています。

ゲームプロデューサーとして働く際、必要な資格などは特にありません。ただし、経験などが必要になってくる場合があります。会社に入社していきなりゲームプロデューサーになるというのは稀です。ゲーム開発の現場で経験を積み、ゲームディレクターを経たあとに、ゲームプロデューサーになるケースが一般的。また、ゲームをプロデュースするという立場上、プログラミングやグラフィックなどをどのように進めていき、どのくらいの期間がかかるか等、ゲーム制作における流れなどは押さえておかなければなりません。ゲーム制作に関する基礎的な知識は身に付けておいた方がよいでしょう。

ゲームプロデューサーの年収は?

ゲームプロデューサーの年収は、400~700万円。初任給は、いきなりゲームプロデューサーになるケースは少ないため、ゲームプログラマーなどの開発職を参考にするとよいでしょう。ゲームプロデューサーの年収は、ゲームプログラマーやゲームディレクターなど、他のゲーム開発に携わる業種と比べて高いのが特徴です。それだけ責任のある仕事だということが分かります。

ゲームプロデューサーの求められる人物像は?

ゲームプロデューサーは、ゲーム制作におけるリーダーという立場になるので、人をまとめる力、的確な指示を出せる力、プロジェクトのメンバーをフォローできる力が求められます。また、プロデューサーはでき上がったゲームをどのように宣伝し、売り上げを伸ばしていくかも仕事のひとつ。せっかくよいゲームができても、しっかりと印象付けたり効果的にアピールしたりしないと、売り上げにはつながりません。ゲーム販売における企画の手腕も求められます。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

ゲーム プロデューサーとして将来的に働くことを考えているなら、まずはゲーム業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにゲーム業界に入るには専門知識が必須。ゲーム プロデューサーとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

ゲームカレッジ

プランナー専攻

関連する職種も確認する

©2019 Human Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.

Topに戻るTop