game createrゲームクリエーターの仕事を知ろう!

ゲームクリエーターのお仕事紹介

「ゲームクリエーター」は、ゲームをクリエイトする、つまりゲームを制作する職業です。ゲームカレッジでは、最終的に何らかの形でゲーム制作に携わるゲームクリエーターを目指して、学習を行います。将来ゲーム制作の仕事に携わりたいのなら、どのような職業で、どのようなスキルが必要なのかチェックしてみましょう。

ゲームクリエーターとは?

ゲームクリエーターとは、ディレクターやプランナーをはじめ、プログラマーやキャラクターデザイナーなどのゲーム制作に携わる職業の総称です。まず、ゲーム制作の現場はプロデューサーやプランナーによるゲームの企画からはじまります。そして、実際に企画されたゲームのストーリーなどをもとに、ディレクターが指揮をとってゲームのシステムとなるプログラムやキャラクターグラフィックなどの構築作業へ。ゲームは、いくつかの役割を担ったチームによって作り上げられていくのです。練りに練られたゲームは、数年をかけて作り上げられることもあります。自分たちが携わったゲームが世の中に送り出され、多くの人にプレイされるという達成感はゲームクリエーター独特のやりがいです。

ゲームクリエーターになるには?(必要な資格・スキル)

ゲームクリエーターになるには、任天堂などのゲームメーカーやマーベラスなどの下請けとなるゲームソフト制作会社に採用されて仕事に就くのが一般的です。こうした働き先では、ゲーム専攻のある専門学校の卒業者が多く働いています。 ゲームクリエーターの採用にあたっては、資格の有無を求められることはあまり多くありません。資格というよりも専門学校などでゲーム制作における知識を身に付けているかどうかが基準となります。ゲームの企画やプログラムなど、現場では担当が分かれているので、自分が目指したい専門に特化して学習することが望ましいです。また、必ずしも学校で学習しないと仕事に就けないという訳ではありませんが、スキルを証明できるという点で、学校などで学習してから就職する方が現実的でしょう。

ゲームクリエーターの年収は?

ゲームクリエーターの初任給は、16~20万円で、平均年収は300~600万円です。トップセールス級のゲームをプロデュースした場合などは、この限りではなく、年収1000万円を超えるクリエーターも存在します。

ゲームクリエーターの求められる人物像は?

ゲームクリエーターは、ゲームに対する熱意やセンスをもった人物像が求められます。新たなゲームを作り上げるにあたって、他のゲームを分析するリサーチ力やどんなゲームがヒットするかの発想力が大切になってくるからです。また、ゲーム制作の現場はチーム戦。チームの連携がうまくいくことによって、よりよいゲーム作りへと発展していきます。ゲーム作りには、豊かなコミュニケーション能力も大切なのです。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

ゲームクリエイターとして将来的に働くことを考えているなら、まずはゲーム業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにゲーム業界に入るには専門知識が必須。ゲームクリエイターとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

ゲームカレッジ

プログラマー専攻

ゲームカレッジ

プランナー専攻

ゲームカレッジ

CGデザイナー専攻

関連する職種も確認する

©2018 Human Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.

Topに戻るTop