声優に関わるお仕事図鑑

声優に関わるお仕事図鑑

声優と言っても、仕事・活躍の場は多岐にわたります。
また、ここで挙げる仕事内容によって、プロダクションの選び方も重要になってきます。
自分がなりたい声優像を日頃から意識しておきましょう。

アニメ声優
元々は1925年に放送が始まったラジオドラマの出演者が声優第一号と言われているが、
当時は『声優』とは呼ばれておらず、『ラジオ役者』と言われていた。
1942年に東京放送劇団の1期生がデビューし、その頃に初めて『声優』という言葉が使われ始めた。
民法テレビの創世記の第一次声優ブームや、1970年代のアニメブームと共に始まった第二次声優ブーム等を経て、
今は一般的にアニメ声優=アイドル声優・タレント声優と認識されるようになった。
アニメ声優のなると、アニソンやキャラソン等の歌の仕事や、イベントやラジオ出演に伴ったパーソナル的面をさらけ出す
仕事が増えた為でもあるが、ここ最近はアニメイベントの特典を付けてもDVDの販売が伸びなくなってきた事から、
より本格志向の作品が制作されてきている為、アニメ声優もより個性や実力が求めらえる時代に突入してきている。
外画の吹き替え
民法テレビの創世記の第一次声優ブームの理由は、テレビ局のコンテンツ不足を補う為、海外ドラマや映画を安く買付、
生放送で吹替えを繰り返していた事が発端となっている。
その為、アニメより外画の吹き替えの方が歴史が長く、キャスティングの声優プロダクションからではなく、新劇の劇団から 配役される比率がアニメより高い。
収録時はアニメは無音状態で収録するが、外画の吹き替えは原音(元々の音声)を聞きながら声をアテる必要がある為、
より細かいニュアンスの表現と、演技の再現力が必要とされている。
ラジオのパーソナリティー
所謂ディスクジョッキーとして、ラジオのパーソナリティだけで芸能活動をしている方もまれにいるが、基本は俳優やタレント、声優といった本職の芸能活動をしている中で、人気がもともとあるから、と言う事でパーソナリティとして採用されるのが一般的。ラジオ番組の大黒柱となりうるだけの人気、トーク力、時事ネタや逸話や歴史を語れる雑学力等も求められる。また、阪神淡路大震災をきっかけにコミュニティラジオの開局が全国に広がり、地元で仕事や学生をする傍ら、その地域にまつわる情報を流すパーソナリティも存在する。
ラジオドラマ/ボイスドラマ
ラジオドラマは、1925年から始まったラジオ放送の歴史から始まるが、初期は舞台上のお芝居の台本をそのまま音声だけで表現していたが、間もなく音響効果による臨場感ある演出が加えらえるようになり、『放送劇』や『声劇』と言われるようになった。その後、主にラジオ等のメディアで音声のみで表現される演劇をラジオドラマやオーディオドラマ、サウンドドラマと呼ばれるようになる。一方、ボイスドラマ同人活動から生まれたオーディオドラマと言われており、CDで販売されるか、ネットで公開されるのが一般的。近年はプロの声優が出演していてもボイスドラマと表現される事が増えており、一般的には、アニメやゲーム・ライトノベル原作のものがボイスドラマ、と言われるようになってきている。
演劇
ドラマや映画等、カメラで撮影し編集加えるものではなく、お客さんの目の前で演じるものを一般的に『舞台演劇』と言う。
大きくは歌唱表現も加えた『ミュージカル』と、歌唱表現を加えない『ストレートプレイ』に分けられる。
日本の演劇の歴史はある意味、既存の演劇を否定し、再構築する事で発展してきた。
歌舞伎→新派→新劇→小劇団演劇等。
1990年に入ると、小劇団演劇と商業演劇の垣根がなくなりメディアの露出も増えてきている。
また、一つの劇団に固執せず、プロデュース公演やユニット公演等、自前の劇団を持たずに舞台に立つ役者や作家も増えてきた。
アイドル
元々の意味は『偶像』。日本では容姿が良く、歌って踊れる人気者がアイドルと呼ばれていた。
1980年代までのアイドルは、身近だけど愛らしく、けど手が届かない存在で、プライベートはオーラで包まれていたが、歌番組が減るのと共に、活躍の場がバラエティ番組になる事により、『バラドル』という存在が出現する。1990年代の冬の時代を超えて、『会えるアイドル』という半ば偶像ではなく、本当に手が届きそうなアイドルが生まれた事により、アイドルグループ戦国時代が始まる。
ご当地アイドルも増え続け、活躍の場は東京だけではなくなっている。