お役立ち情報お役立ち情報

CGデザイナーのやりがいと大変なことは?知っておくべき仕事の特徴

  
コンピュータを駆使して加工される画像・動画であるGCは、あらゆる分野において使用されています。そのCGを制作するのがCGデザイナーという職業です。クリエイティブな仕事であるCGデザイナーは、やりがいのある仕事である反面、過酷な労働条件で仕事をする場合もあります。

今回は、CGデザイナーの仕事内容、やりがいなどについて詳しく解説します。


仕事内容の幅は広い?

CGデザイナーの「CG」とは、コンピューターグラフィックスの略です。CGデザイナーとはその名の通り、コンピュータの専用ソフトを使い2Dや3Dのグラフィックを制作する仕事です。静画から動画まで多様なグラフィックを担います。現在では技術の進歩とともにCGがますます普及しており、アニメーションや映画、ゲームだけでなく、機械や車の設計、スマートフォンのアプリケーションなどさまざまな場でCGが使われています。もはやCGを目にしない日はほとんどないと言っても過言ではないでしょう。

このように、さまざまな場で活躍できるCGデザイナーですが、具体的な仕事はいくつかの工程から構成されています。まずは、モデリングです。モデリングでは、デッサン画を元にして物体の形状データを作成します。モデリングが完成したら画面に配置し、光源をつけながら一層リアルな形状を目指してブラッシュアップをします。最後は、必要に応じてさまざまな動きや効果を加える作業です。たとえば、アニメーションを作成するなら、モーションを与える作業を進めます。

このような工程すべてを1人で行う場合は「ジェネラリスト」、どれか1つの工程を究めるならば「スペシャリスト」と呼ばれます。ジェネラリストになると、すべての工程を一括して指揮できるようになるため、CGプロデューサーやCGディレクター、さらには会社としての独立などができる可能性があります。一方でスペシャリストの場合、有名企業への転職などによるキャリアアップ、フリーランスとしての独立、特定のジャンルでの技術開発などの道が広がっています。CGデザイナーを目指すならば、自分がジェネラリストとスペシャリストのどちらになりたいのか、長期的なキャリアプランを立てながら選んでみるとよいでしょう。


主なやりがいって何?

CDデザイナーは、主にクライアントから支持された案件をもとに作業を始めるというのが、主な仕事の流れです。しかし、企画段階でどのような作品をつくるのか決まっておらず、クライアントと打ち合わせをしながら、つくるものを決定していくというケースもあります。

このように「0」から企画がスタートする場合、クライアントと何度となく打ち合わせを重ねて、徐々に見えてきたアイデアを具体的に形にするのはCGデザイナーの役割です。クライアントの要望をすくい上げ、なおかつ自身のアイデアも加えながら完成品へと近づける作業は、CGデザイナーのスキル、センスの見せ所といえます。また、クライアントとCDデザイナーの「共同作業」は、円滑に進むとは限りません。作業過程において意見が噛み合わないこともあります。

そのような衝突を乗り越えて、作業が完了して納品を終えたとき、味わえる達成感は格別なものです。そして、自分が手がけた仕事内容に対してクライアントから感謝の気持ちを伝えられたとき、さらに「がんばった甲斐があった」と、大きな達成感に包まれることでしょう。このように、0の状態から作業を開始して苦労を重ねて仕事をやり遂げたときの達成感が、CGデザイナーという仕事の魅力です。

各分野でニーズのあるCGデザイナーですが、CGデザイナーの仕事すべてが絶賛されているわけではありません。作業の段階でクライアントからだめ出しをもらうことも少なくなく、苦労して仕上げた作品も評判が良くない場合があります。自分が苦労してつくりあげたものが良い評判を得られないことは、当然ながら良い気分にはなれません。しかし、優秀で伸びしろのあるCGデザイナーは、酷評を受けたときこそ酷評に耳を傾けて今後の自身の仕事の参考にします。そして、反省点を次の仕事に活かすことによって優れた仕事ができるのです。そんな努力を得て自らの仕事が良い評価を得た場合、CGデザイナーという仕事に就いて良かったと思えることでしょう。

映画やアニメ、ゲームなどのCDデザインに関わった場合、作品のエンドロールに自分の名前がスタッフとして掲載されます。たとえ、関わった仕事内容が作品のほんの一部分であったとしても、スタッフロールに自分の名前が出るのは嬉しいものです。作品の完成に少しでも貢献できたという満足感が味わえ、自らの仕事に誇りを感じる瞬間がスタッフロールです。何より、スタッフロールに名前が出れば、友人や家族などに自慢することもできます。


仕事で大変なこととは?

CGは、作品の魅力を際立たせる効果があるので、CGをつくるCGデザイナーも華やかな職業というイメージがあります。そんな華やかなイメージと理想を持って、業界に飛び込んできた人は、自らが抱いていた理想と現実のギャップに驚くことでしょう。CGデザイナーの実務は、長時間机に向かって細かい作業を続ける地味な仕事です。長時間仕事を続けて苦労してできあがった作品が酷評されることもあります。

また、CG業界は新技術が次々と出てくる業界です。目の前の激務に追われて新技術を取り入れる暇がなく、古い設備のままで仕事を続けていると、業界のニーズに追いつけず、その結果、仕事が減ってしまう事態におちいることもあります。常に最新技術などにも目を配らなくてはいけないのがCGデザイナーの大変なところです。

そして、慢性的な人手不足が続く業界であるため、CGデザイナー1人に掛かる仕事の比重が大きいのもこの仕事の大変な部分です。そのため、連日長時間労働が当たり前となり、納期が迫ってきた場合は徹夜になる場合もあります。そんな過酷な状況でも、CGデザイナーのなかには忙しいからといってクオリティを下げることを許さない職人気質の人もいます。その結果、さらに身体を酷使することになり、健康を害してしまうパターンもあるのです。


CGデザイナーに向いている人って?

CGデザイナーという仕事は、体力勝負のガテン系・体育会系とは無縁のように思われていますが、実は体力がものをいう職種です。納期が迫った追い込みなどの忙しい時期は、長時間勤務、徹夜が当たり前となります。そんな忙しい時期を乗り越えるには体力が重要なのです。また、身体的な体力だけでなく、精神的なタフさもCGデザイナーには必要といえます。クライアントのたび重なるだめ出し、手がけた作品の酷評などもしっかりと受けとめられるタフな心が、この仕事においては大事な要素です。

また、CGデザイナーは、できあがった作品の華やかさとは別に、作業自体は細かい動作の繰り返しという地味な仕事です。そのため、細かく地道な仕事が苦にならない人には向いている職種といえます。

そして、CGデザイナーという職種に最も向いているタイプは、何よりもデザインすることが好きな人です。デザインすること、絵を描くことが好きな人であれば、どんなに過酷な状況も乗り越えることができるでしょう。


【ゲーム専門の学校】| 総合学園ヒューマンアカデミー

ゲーム・CG業界・職業・学び方・年収のお役立ち記事


©2018 Human Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.

Topに戻るTop