NEWS&TOPICSニュース&トピックス

ゲームグラフィッカーになるには?第5話 ゲームグラフィッカーの資格5選

  

G0405.jpg

ゲームグラフィッカーにおすすめの資格がある、ということをご存じですか? 「クリエイターであるゲームグラフィッカーに資格なんてあるの?」と考えてしまう人もいるかもしれませんが、デザインに関わる人間として自分の技能をアピールするために、資格は有効です。

今回は、ゲームグラフィッカーを目指すならぜひとも取得しておきたい資格を紹介します。

オススメの5つの資格

以下に紹介する資格は、いずれも受験資格がありません。つまり年齢などに関わらず、知識とスキルさえあれば誰でも取得することができますよ。

Photoshop®クリエイター能力試験

Photoshopの技能を証明する資格です。試験は難易度別にスタンダードとエキスパートの2つがあります。合格率も比較的高く、費用も高額すぎるわけでもないので、まずはこの資格から狙ってみるのが良いでしょう。

Illustrator®クリエイター能力認定試験

「Photoshop®クリエイター能力試験」のIllustrator版です。こちらはPhotoshopと比べて少々合格率が低くなっていますが、決して難しくはありません。Photoshopと併せて取得することをオススメします。

カラーコーディネーター検定試験®

色の性質や特性など色彩についての知識量を証明する資格です。取得のために学ぶ知識は非常に実践的で、建築家・美容師・服飾に関わる職業の方などがこの資格を取得しています。ただし、2級以上はかなりの難易度になり、1級ともなると合格率は2割から3割程度です。受験する場合は心してかかりましょう。

色彩検定

「カラーコーディネーター検定試験®」と似た試験内容ですが、こちらは全体的にファッション寄りの内容と言えます。やはり2級以上が非常に難しく、1級は試験が1次・2次と2回に分かれています。

CGクリエイター検定

CGデザイナー・CGアニメイター向けの資格です。デッサンや色の使い方などの基礎教養から、2Dデザイン・3Dデザイン、知的財産権やプロダクションワークなどの予備知識まで、広範囲から出題されます。ベーシックの合格率は高いですが、エキスパートは難易度が高く、合格率は3割〜5割程度となっています。

資格が全てではないが、自分をアピールしやすくなる

資格は「自分はこのくらいのことができますよ」ということを分かりやすくアピールするための手段です(自分のスキルと実力の程度を具体化してくれます)。資格があればゲームグラフィッカーになれるわけではありませんが、就職活動や案件の契約を取るのが楽になりますよ。実力試しにとってみるのも良いでしょう。

【無料 資料請求】最短2日でお届け!まずはパンフレットを取り寄せよう!

【無料 学校見学】随時開催中!学校見学はこちらからお申込みできます!

【無料 体験授業】オープンキャンパス!体験授業はこちらから申込できます!

©2022 Human Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.

Topに戻るTop