NEWS&TOPICSニュース&トピックス

ゲームプログラマーの必須知識 PHPとは

  

G040301.jpg

PHPとは?

PHPとは、動的なWebサイトを構築するためのプログラミング言語です。つまり「サーバーサイド・スクリプト」の一種です(※これは「サーバー側で実行されるスクリプト」という意味です)。「動的なWebサイト?」「サーバー?」「スクリプト?」、いきなり意味不明なことばが並びましたが、それぞれ順に解説していきましょう。

PHPを理解するために 「静的(動的)なWebサイト」「スクリプト」とは?

「動的なWebサイト」を説明する前に、まずはその反対である「静的なWebサイト」から考えたほうが理解しやすいでしょう。併せて「スクリプト」も説明していきます。

・静的なWebサイトを作る「html」

現在、この世に存在するほとんどのWebサイトは、「html」という最も基本的なプログラミング言語で構成されています。ただし、「htmlだけ」で作成されたWebサイトは、動きのない「静的」なものです。「静的」とは、いつどこでだれがそのWebサイトにアクセスして閲覧しても、同じ画面しか表示されないという意味です。この「静的なWebサイト」を「動的なWebサイト」にレベルアップするために使われるプログラミング言語(の総称)を「スクリプト」といいます。

・動的なWebサイトを作る「スクリプト」

「html」にスクリプトを加えることによって、見るタイミングによって見える画面を変えたり、ボタンを押すなどをすると何らかの処理がされたりという、動きのあるWebサイト(=動的なWebサイト)を作ることができるようになります。

PHPもJavaScriptもスクリプトの一種

先に述べたとおり、スクリプトは「総称」ですから、さまざまな種類があります。たとえば、JavaScriptはその名の通りスクリプトですし、PHPもスクリプトです。ただし、JavaScriptは「クライアントサイド・スクリプト」ですが、PHPは(最初に述べたとおり)「サーバーサイド・スクリプト」です。それぞれ「サーバー側で実行されるスクリプト」「クライアント側で実行されるスクリプト」という意味です。

ここで、「サーバー」と「クライアント」について説明しましょう。サーバーとは、Webサイトのデータが収納されているコンピュータのことをいいます。たとえば、TwitterやFacebookで書き込んだコメントや掲載した写真などのデータが収納されているのは、Twitter社(本社はアメリカ)や、Facebook社(本社はイギリス)のサーバーです。一方、クライアントとは、webサイト(=サーバーにあるデータの集合体)を見るために、私たちが使うコンピュータ(パソコンやスマホやタブレットなど)のことをいいます。このページを見ているあなたのパソコンやスマホなどが、まさにクライアントです。

PHPはサーバーで実行されるため、JavaScriptと違って、クライアントの環境にあまり影響されません。つまり、安定したWeb動作を確保しやすいというメリットがあります。
さらに、PHPはデータベースを取り扱うのに向いているプログラミング言語です。JavaScriptは、データベースに向いているとはいえません。また、PHPはhtmlと連動させやすいので、PHPを使用していることをWebサイトの訪問者に意識させることなく使うこともできます。

フォームの送信や掲示板やブログやSNSなど、頻繁にデータをやりとりするサイトを制作するのであれば、PHPは非常に役立つプログラミング言語です。PHPは、yahoo!や楽天などの大手サイトも活用しているほどです。htmlのさらに先を行く動的なサイト制作を目指すのであれば、ぜひPHPを覚えましょう。

【無料 資料請求】最短2日でお届け!まずはパンフレットを取り寄せよう!

【無料 学校見学】随時開催中!学校見学はこちらからお申込みできます!

【無料 体験授業】オープンキャンパス!体験授業はこちらから申込できます!

©2022 Human Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.

Topに戻るTop