• ヒューマン独自の特別
    カリキュラム

    ヒューマンアカデミーITカレッジはIT企業が
    監修した業界直結の専門校。
    だから、「業界への就職」ではなく、
    「業界での活躍」を目的にしています。
    実際のITの現場に対応したプログラムに
    徹底してこだわり、本当に必要な基礎技術の完全習得を
    目指すこれまでにないスクールです。

  • 業界最先端企業のカリキュラムで
    ロボット、IoT、AIを総合的に学ぶ
    「ものづくり演習」

    ITカレッジでは、1年次よりロボット、IoT、AIなど、最新技術を丸ごと学べる総合的に学ぶ「ものづくり演習」がカリキュラムに組み込まれています。演習を重ねるだけでなく、学外にも発表し、企業の方から評価をいただく機会も用意しています。

「ものづくり演習」主なカリキュラム

  • ロボット開発

    ハードウェアを用いた制御を行うことで、性能や安全に対する意識を養います。

  • IoT

    センサーの制御からサーバーでのデータベース開発、WebでのUI作成など広範囲なシステム開発を学びます。

  • AI開発

    オープンソースの活用を中心に、最新のテーマでソフトウェア開発を学びます。

エントリ・基礎から実践までトータルに学ぶ

  • 初心者でも大丈夫!「エントリ講座」

    初歩の初歩からITの基礎を徹底フォロー。パソコンのキーボードがうまく使えない、プログラミングの経験が全くない、数学が苦手といった人でも、最初の3か月でしっかりと時間をとり、繰り返し学習を重ねることでITエンジニアへの第一歩となる基礎スキルを習得できます。

  • 実社会をリアルに学ぶ!「企業課題」

    企業から出された課題に対してプログラムを組んで評価をもらったり、インターンシップで働きながら企業に自己アピールができたり、リアルなIT企業最前線で実践を積めるチャンスがいっぱい!企業の目にとまれば、プロとしてスカウトされることも夢ではありません!

カリキュラム監修

カリキュラムは、人工衛星搭載をはじめとする宇宙天文分野、 クルマの自動走行やロボット等の先端分野、IoTやAI技術を用いた 社会公共分野のソフトウェアを開発している株式会社セックが監修しています。

  • HaruoSato

    中村 彰ITカレッジ 教育監修

    早稲田大学卒業。 株式会社セック入社後、ロケットのカウントダウン制御システムの開発などをシステムエンジニアとして手がける。 米国の子会社の立ち上げを行い、その後マーケティング部門を統括する。現在は、営業ならびに教育事業全般を担当する。

  • 企業によって必要な「応用力」は様々。
    だからこそ「基礎」の徹底が大切。

  • 今回、ITカレッジのカリキュラム監修をお引き受けすることにしたのは、従来の教育内容とIT企業のニーズとのギャップに、以前から問題意識をもっていたからです。業界で必要とされているのは、まず「基礎」。コンピュータがどのような仕組みで動いているのかを正しく理解しておけば、例えプログラミング言語や開発するシステムのジャンルが変わっても対応できます。

    言い換えるならば、ソフトやアプリを創ることができても基本が理解できていないと、別のソフトを創る際に、また最初から学ばねばならないのです。この業界でもう一つ必須なのが「コミュニケーション能力」です。ITカレッジのカリキュラムでは、学生同士のペアやチームで行う演習を多く取り入れ、話し合って問題を解決していく力を育成します。それはまさに、現場のやり方そのものです。

  • 現役エンジニアが各教室で
    学生をサポートする心強い環境を実現。

  • また、当社をはじめIT企業で活躍中の現役エンジニアを、「ファシリテーター」として各教室に配置するというのも、ならではの魅力です。
    ITの専門的な質問にその場で回答できるエンジニアが学生をサポートすることで、理解力は飛躍的に高まることでしょう。
    他にもITカレッジの教育内容には当社の社員教育プログラムから多くの内容が採用されています。IT業界のニーズに100%マッチした人材を育成する、これまでにない教育機関として大いに期待しています。

ヒューマンだからできること