FASHION ファッションカレッジ

【活躍中の卒業生】&【人事】&【1年生】で座談会~ベイクルーズ編~


20161018.1.JPG


【現場で活躍中の卒業生】&【人事】&【1年生で座談会】~ベイクルーズ編~


ヒューマンアカデミーではたくさんの卒業生を毎年排出しております。
そんな中で、アパレルの現場で働いている卒業生と人事の方をお呼びして、これから就職活動を行う1年生を対象とした座談会を実施しました。



☑どんな企業なの?ベイクルーズって?

毎年、ファッションJOBでもお越し頂いているベイクルーズ。大学生もこぞって希望する超!が付くほどの人気企業さまです。

What’s BAYCREW’S 
JOURNAL STANDARDやIENA、Deuxieme Classeなど30を超えるアパレルブランドをはじめ、飲食ブランド、インテリアブランドなど人々のライフスタイルを豊かにするモノ、コトを創造し提案する、ファッション企業。
「おしゃれにこだわり楽しもう!ついでに仕事も楽しもう!」という経営理念のとおり、ベイクルーズで働く一人ひとりからファッションやオシャレをすることが大好きな気持ちが伝わってきます。
ファッションを通じて常に新しい事に挑戦し、新しいものを創造する。ファッション業界で成長を続けている企業です。

POINT! ファッションJOBとは? 多数のアパレル企業様を学校にお招きして、合同企業説明会 &1次面接を行うスバラシイイベントです。しかも面接のフィードバック付き!


☑ベイクルーズの人事のご紹介。


20161018.2.JPG

矢頭 龍一さま
ベイクルーズグループ人財統括 人財統括 組織支援 推進Sec.マネージャー

学生時代より、地元のセレクトショップにてファッションアドバイザー、店長などを約8年間経験した後にベイクルーズへ転職。経験とキャリアを重ねる中で、表現したいオシャレ(スタイリング)の変化やファッションを通じて学んできたことや身について知識やスキルが自分自身の強みや自信へと変わった。
より長い視点でこの業界に従事していくことを想像したときに、これから自分がありたい姿ややりたいことが実現できるフィールドとしてベイクルーズへ入社を決意。
ジャーナルスタンダードでファッションアドバイザーとして勤務した後に、これまでの経験を活かし、人事部にて研修、採用業務を担当し、今現在は人事制度や人事評価など、従業員がモチベーション高くイキイキ働けるための環境や仕組みを整備する業務に就いている。



僕は、ファッションの業界でしか生きて来ていません。
だからみんなの少しでも役に立つようなお話を出来ればと思って今日は来ました。
みんなと同じ世代を一応は経験してきたので。笑
『こんなこと悩んでいるんじゃないのかな?』とか、『こんなこと聞いてみたいのじゃないのかな?』など、なんでもざっくばらんにたくさん聞いてください。

20161018.11.JPG

石川 徹さま
ベイクルーズグループ人財統括 人財・能力開発Div. 人財開発Sec.

「とにかくオシャレになりたい、ずっとオシャレでいたい」その気持ちだけで、アパレルブランドにアルバイトとして入社。
店長や、エリアマネジャー、販売教育担当などの経験を通し、モノづくりよりも、働く人たちの力になれる仕事がしたいという想いが強くなり、ベイクルーズへ転職。人事部で教育・研修担当を経て、2年前より新卒採用担当へ。
ベイクルーズの魅力は「(働く)人」。採用担当者として、将来のベイクルーズを担う個性あふれる「人(学生)」との出会いを大切にします。



☑卒業生のご紹介。


20161018.4.JPG

リカフォルテ アンロレインさん
入社1年目 relume JOURNAL STANDARD relume みなとみらい店配属。

2016年3月ファッションプロデュース専攻卒業。
とても感性豊かで素直で何事にも一生懸命なララさんはフィリピン生まれの日本育ち。
明るくおおらかなクラスのムードメーカーでありつつも、正義感が強く“やることはやる!遊ぶときは遊ぶ!曲がったことが大嫌い!”な親分肌で、よくクラスメイトに説教していました。
感受性の豊かさゆえに『泣き虫』。感動しては泣く、悔しくては泣く、子供のようにしゃくりあげて泣くララさんの涙は純粋でキラキラしていました。
ModEXPOでの座談会においても、後輩たちに自分自身の熱い思い、ベイクルーズという企業や人との出会いの素晴らしさを語り、感極まって涙を流したララさん。その熱い思いは後輩たちの心にきっと響くことでしょう。



20161018.5.JPG


櫃間 楓華さん
入社1年目。relume JOURNAL STANDARD relume 自由が丘店配属

2016年3月ファッションプロデュース専攻卒業。
自立心が強くさばさばした気っ風のいい姉御肌の櫃間さん。歯に衣着せぬ物言いでありつつ、面倒見がよく仲間思い。
就活に行き詰って自信を無くし、落ち込んでいたクラスメイトを『本当の優しさ』で包み込み、前進する力を与えたのも櫃間さんでした。
とにかく勝気、負けん気の強さは人一倍で、人知れず水面下ではものすごい努力をする人。
卒業してたった半年ですが、自分の仕事に誇りを持ち、凛とした大人の女性の美しささえ携えた櫃間さんの輝きに、憧れをいただいた後輩は多いのではないでしょうか。


☑お菓子を食べながら人事と話す!?

このエントリーを読んでいる方は、就活中の専門学生さんや大学生さん、これから専門に通いたい!と思っている高校生さんなどたくさんいると思います。


私の印象で申し訳ないんですが、人事の人って怖くないですか!?

こう、選ぶ方と選ばれる方。やっぱり緊張しますよね。普通人事の人と話すときは、会議室などのカタイ雰囲気の中で面接形式。

20161018.6.jpg↑こんな感じ。笑

でも今回は違います。
みんなで机を囲んで、企業で働く不安や目標などを座談会でお話出来るのです。

しかも、現場で働いている卒業生もいるのでリアルもわかる。そんな特別な場所なんです。

20161018.7.JPG


☑ララちゃんの就活はイヤイヤだった!?


イマは立派に働いているララちゃん。そんな彼女ですが、『在学中は働くのか留学するのか』がわからないまま、就職活動に入ったそう。
ベイクルーズなんて名前も知らない。そんなとき担任の先生に半ば強引にインターンや面接を受けるよう促されてインターンに参加したのがベイクルーズとの出会いだったそうです。

20161018.8.JPG

人事の矢頭さんいわく・・・
ぶっちゃけるとね、ララちゃんの第一印象と言うか、初めの方というのは、目標などが強く感じられなくてね笑 
インターンに来ても端っこの方に居て、キャッキャッ笑ってるんですね。初めのイメージは『なんだこの子は!?』ですよ。笑

20161018.9.JPG
実はララちゃんの1次選考からずっと携わってて、この子は泣きじゃくって、働きたくない!って時も見てます。

イマはすごく立派になって、採用して良かったって本当に思っているんです。



☑楓華ちゃんは専門時代の勉強に後悔!?


私が一番後悔しているのは、『もっと勉強しておけば良かった。』と言うことです。
もちろん、普通に学校に通って資格も取って、それなりに学校生活を送っていました。
でもイマ思うのは、『自分のモノにする姿勢』が足りなかったと思います。

20161018.10.JPG
例えば、カラーの勉強やファッションスタイリスト検定を持っています。でも覚えていることが少ないんです。
お客さまに提供出来る情報量って多いにこしたことがないじゃないですか?

デティールやカラー、素材、スタイル、生地、特性、など全部学校で学んで来たのに今、接客で活かせていない。
だから学び直しています。
結局、資格を取って満足して終わってしまっていました。
だからみんなには、もっと『自分のモノにする姿勢』で勉強をして欲しいと思っています。



☑就活に対する考え方が変わった!?


真剣な顔つきで聞き入る生徒たち。
迷彩柄の竹之内くんにちょこっとインタビューしてみました。
 ※関連生地:高校時代は野球に打ち込んでいた竹之内くん。ファッションに没頭する日々。

20161018.12.JPG
Q.参加してみて変わったことは?
なんて表現していいのか、わからないんですけど『ベイクルーズってスゴく、イイ会社だな!』と心の底から思いました。
ベイクルーズの個性を知ることが出来たし、何より先輩が働いている姿を知ることが出来たのが本当に良かったです。
先輩がどんなライフスタイルを送っているのかを直接聞くことが出来て、自分に重ね合わせてイメージすることが出来ました。

他の会社のお話も聞くことが出来て、『就職に対する考え』が深くなりました。

この座談会は本当に役に立つと思います。




就職に強い学校だから、1年生の10月から企業様と座談会をするヒューマンアカデミー!
ただの就職じゃなく、将来につながる就職がしたい方はぜひ、ヒューマンアカデミーに遊びにきてくださいね♪




taiken_top.jpg↓↓↓↓↓↓パンフレットのご請求は↓↓↓↓↓↓

panfu-1.jpg

相談や質問はLINEで出来ます!
1対1トークが可能なので、お気軽にメッセージをください♪

友だち追加数

QRは下記コードより^^






BEFORE
    Instagram
    • LINE
    • Instagram
    • YouTube