menuclear

最短1年でプロを目指す

Become Professional

ヒューマンなら最短1年でe-Sportsのプロを目指せる

そもそも、プロプレイヤーになるには?

  • プロプレイヤーになるための技術と知識を1年かけて学ぶ

    プロプレイヤーになるには、プロチームと契約を結び、選手として、所属をする必要があります。
    プロチームと契約をするためには、大会で実績をあげる、プロチームのトライアウトに参加するなど、いくつか方法はありますが、いずれにせよ高いゲームスキルと知名度が重要になってきます。

    e-Sportsカレッジでは、プロプレイヤーになるための技術と知識を1年かけて学んでいきます。

プロプレイヤーに必要な知識とスキル

求められる知識とスキル

  • 1.ゲームスキル
  • 2.戦略的思考力
  • 3.情報収集、分析力
  • 4.コミュニケーション能力
  • 5.トークスキル
  • 6.メンタル・体調管理などセルフマネジメント

プロになるためのカリキュラム

e-Sportsカレッジでは、プロチームの学校だからできる、世界を目指すプロを育てるためのカリキュラムを用意しています。ゲームスキルはもちろん、世界で戦うために必要な英語力、コミュニケーション力など総合的に学んでいきます。

カリキュラム

  • ゲーム実践
    プロチームの選手やコーチからの直接指導。プロの考え方や技術、戦略を学び、プロゲーマーに近づくための実践的な授業です。
  • 動画編集
    配信用の撮影スキルや動画編集スキルはもちろん、ライブ配信時に必要なフリートークスキルも学びます。ストリーマーだけでなくMC・実況としても大切な技術です。
  • 業界研究
    各企業・団体・個人のポジションを知り、業界の歴史から最新の事情までを読み解きます。また、速い業界の成長速度についていけるように、情報収集のノウハウについて学びます。
  • コンディショニング
    フィジカルやメンタルトレーニングなどの手法を学び、試合本番で最高のパフォーマンスができるよう実践的に取り組みます。
  • イベント企画
    e-Sportsの大会やイベントをゼロから考え企画します。在学中から大会を自分たちで考え、告知・拡散・集客・アフターイベント設定など一連の流れを実践を通して身につけます。
  • ストリーマー
    ストリーマーに必要な知識、コミュニケーション能力、技術を身に付け、配信活動ができる様になります。また、権利問題、税制問題なども学びます。

最短1年で世界を目指すプロになる

『1年で、決める。』 日進月歩で目まぐるしく動き続けるe-Sports業界において、思い立ってからどれだけ早くプロになって活動するかは、将来を決める大きなポイントになります。e-Sportsカレッジでは、業界最前線で戦うプロからの指導を受け、1年間でプロを目指すためのカリキュラムを整備しています。迷いや悩みを断ち切って、真剣にプロを目指す貴方を心から応援します。

1年間で白黒つける

    ヒューマンアカデミー

  • 1年間
  • プロチーム所有
  • ゲーム、ITなどの専門分野もあり
  • 講師はプロ 地方もオンラインで指導

    一般的な学校

  • 2年間
  • プロチームなし
  • e-Sportsのみ
  • エリアによって講師の質がばらける

ヒューマンだからできる3つのポイント

  • インターンシップ

    インターンシップ

    ヒューマンアカデミーでは、プロe-Sportsチームと教育提携しており、インターンシップをすることができます。
    インターンシップでは、チーム選手のPR、マネジメント業務、実際の試合分析(アナリスト)、クラブチーム広報など様々な実戦経験をつむことができます。

  • トライアウト

    トライアウト

    プロを目指すために避けては通れないトライアウト。ヒューマンアカデミーでは、在校生限定のトライアウトに参加できます。

    CHECK

    ヒューマンアカデミーは全国に複数の校舎があり、また独自のVODシステムにより、どのエリアに居住している方でも参加可能!

    トライアウトのステップ
    書類選考
    プレイ動画選考
    面談
  • 下部組織への配属

    下部組織への配属

    実際にヒューマンスカウティンググラウンズを通過すれば、提携しているプロチーム下部組織へ所属することができます。
    下部組織で実力が認められれば、1部への昇格も!
    在学中にプロを目指すことができます。