卒業生プロアングラー紹介

フィッシングカレッジが、
JB TOP 50への最短ルート!

フィッシングカレッジの卒業生たちは、その多くが、釣り業界の様々な分野で活躍している。
ここでは、トーナメントアングラーとして第一線で活躍している卒業生プロに、様々な話を聞いてみた。
熾烈を極めるトーナメントの世界で活躍する為には、なにが必要なのだろうか...OBたちからのメッセージを紹介。

2016トーナメントでヒューマンOBが大活躍

No.1

大阪校 2003年卒業

北 大祐 プロ

北 大祐プロ

自然が相手なので、うまくいかないこともある。
でも「釣りが好き」という気持ちがあれば、悪い状況も楽しむことができるはず。

2016年、JB TOP 50で自身2度めとなる年間優勝を獲得した北大祐プロ。さらにBasser Allstar Classicでも優勝を飾ったことで、最高のシーズンだったといえるだろう。「2016年は、幸運にも恵まれたというか...さまざまな状況が自分の得意な釣りにうまくはまったという感じでした。もちろん来季もトーナメンターとしてよい成績を収めたいとは思っていますが、まずは釣りを楽しみたいという意識が強いです。なにしろ相手は自然ですから、思いどおりにならないことも多い。でも、好きな釣りのことですから、そんな状況も含めて楽しみたいですね」と語った北プロ。後輩たちにも「釣りが好き」という気持ちを忘れないでほしいと話してくれた。

スポンサー

  • レジットデザイン
  • サンライン
  • K.T.F.
  • 一番館&シースピリット
主な戦績
  • 2016年 JB TOP 50 年間優勝
  • 2016年 JB TOP 50 第2戦 優勝
  • 2015年 JB TOP 50 第5戦 優勝
  • 2013年 JB TOP 50 年間優勝
  • 2011年 JAPAN SUPER BASS CLASSIC 優勝
  • 2009年 JB エリート5 優勝
  • 2008年 JB マスターズ 年間優勝
No.31

富士河口湖校 2016年卒業

冨沢 真樹 プロ

冨沢 真樹プロ

技術だけでなく、試合に臨むためのメンタルも学んだ2年間。
ヒューマンに入ってよかった!

2016年卒業した冨沢プロは、その年からJBマスターズシリーズに参戦。ルーキーイヤーながら年間2位という好成績を収めた。しかし、本人は年間優勝を逃した悔しさのほうが大きかったという。そのリベンジの舞台がJAPANSUPERBASS CLASSIC。初めて臨んだ大舞台で、冨沢プロは並みいる強豪を抑えて優勝。憧れの舞台で優勝できたことは大きな自信になったと語った。在学中は「とにかく時間があれば釣りをしていた」という冨沢プロ。しかし、学校で学んだことも大きかったという。「技術だけではなく、試合に望むためのメンタルなどは自分だけでは身につきません。フィッシングカレッジに入って本当によかったと思っています」と笑顔で話してくれた。

スポンサー

  • ゲーリーインターナショナル
  • ism
主な戦績
  • 2016年 JAPAN SUPER BASS CLASSIC 優勝
  • 2016年 JB マスターズシリーズ 年間2位
  • 2015年 JBII 河口湖 年間4位
  • 2012年 JBII 河口湖 2位
No.7

大阪校 2001年卒業

小林 知寛 プロ

小林 知寛プロ

なにより大切なのは「やる気」。
多くのチャンスがあるフィッシングカレッジで、目標をもって頑張ってほしい。

2014年にJBTOP50で年間優勝を獲得した小林知寛プロだが、2015年は年間51位と低迷。しかし2016年には年間成績7位、バスプロ選手権東日本大会で優勝と見事に復調した。「それでもTOP50では予選落ちもあって、詰めの甘いシーズンでした。2017年も雑草魂で頑張ります」と語った。フィッシングカレッジ2期生の小林プロはこれまでにも数多くの後輩と接してきたが、なにより大切なのは「やる気」だという。「技術的なことはもちろん、ヒューマンアカデミーには人との出会いやトーナメント出場のきっかけなど、多くのチャンスがあります。でも、それを生かせるかどうかは本人次第。目標をもって頑張ってください」と後輩にエールを贈ってくれた。

スポンサー

  • エバーグリーンインターナショナル
  • ベイトブレス
  • ガンクラフト
  • オフィスZPI
  • がまかつ
  • GLデザインラボ
主な戦績
  • 2016年 JB バスプロ選手権 東日本優勝
  • 2014年 JB TOP 50 年間優勝
  • 2014年 JB TOP 50 第3戦優勝
  • 2013年 JB 旭川 年間優勝
  • 2012年 JB マスターズシリーズ 年間優勝
  • 2010年 チャプター旭川ダム 年間優勝
  • 2010年 JB 旭川 第4戦優勝

大阪校 2007年卒業

中谷 大智 プロ

中谷 大智プロ

プロとして活躍するためには、「釣りが上手い」だけではダメ。
人との繋がりを大切にしてほしい。

卒業後3年ほどアルバイトをしながらトーナメントに参戦していたという中谷プロ。その後、試合を続けられる環境作りのために就職し、JB旭川に出場しながらTOP50参戦を目指して挑戦を続けている。全日本バスプロ選手権西日本の優勝は2012年に引き続き2度めの快挙だ。在学中、フィッシングカレッジでさまざまなことを学んだという中谷プロ。「もっとも大きいのは人との繋がりです。いろいろな人と出会って『釣りが上手いだけではダメ』ということに気づきました。現在でもフィッシングカレッジの先輩である小林知寛プロをはじめ、多くの人にお世話になっています。これから入学する方々にも、ぜひ人との繋がりを大切にしてほしいと思います」と語ってくれた。

スポンサー

  • モーリス
  • アクティブ
主な戦績
  • 2016年 JB 全日本バスプロ選手権 西日本優勝
  • 2016年 JB 旭川 第3戦優勝
  • 2012年 JB 全日本バスプロ選手権 西日本優勝
  • 2012年 JB 旭川 第2戦3位
  • 2010年 JB マスターズ 第4戦3位

パイオニアからのメッセージ

今江 克隆 氏

業界から一目置かれる教育機関となったフィッシングカレッジ。
釣りに関すること以外にも様々なスキルを磨いてほしい。

今江 克隆

開校当初は釣り業界から冷ややかな目で見られることもあったフィッシングカレッジ。しかし、現在では青木大介や北大祐に代表されるようにプロアングラーとしての地位を確立した卒業生も多く、メーカーやショップ、そしてメディアでも数多くの卒業生たちの姿が見られるようになっている。彼らのような先輩たちの努力もあり、現在のフィッシングカレッジは業界から一目置かれる教育機関になったといえるだろう。事実、私が代表を勤めるイマカツでも卒業生が正社員として勤務している。ただし、業界内での認知度が高くなったとはいえ、その一員として活躍できるかどうかは本人次第だ。それには釣りの知識や技術だけでは不十分。英語や中国語といった語学やPCの知識など、さまざまなスキルを磨くことで自分の目標にたどり着いてほしい。また、近年はソルトウォーターの釣りにも注目が集まっているだけに、たとえばバスにこだわるのではなく、さまざまなカテゴリーにトライしてほしい。

【PROFILE】
1964年大阪府出身。同志社大学在学中からJBトーナメントに出場するとともにめきめきと頭角を現し、1989年にはJBアングラーオブザイヤーを獲得。その後、1989年にBasserオールスタークラシックを制すると1996年にJBクラシックでも優勝を飾り、当時の国内におけるメジャータイトルをすべて制覇。2001年にはJBワールドシリーズ(現TOP50)チャンピオンを獲得、2005年にはJBエリート5の初代ウイナーとなるなど、JBのトップカテゴリーでは最多となる22勝を挙げている。その活躍はプロアングラーに留まらず、自ら代表取締役を務める"イマカツ"ブランドをはじめとしたさまざまなタックル開発を手がけるなど多岐にわたる。

小森 嗣彦 氏

「釣りが上手い」だけではダメ。
釣り場と、それを取り巻く人たちのつながりにも思いを馳せよう。

小森 嗣彦

現在、数多くのフィッシングカレッジ卒業生が釣り業界で活躍しています。これは学校のカリキュラムが優れているということだけではなく、学生たちの「意識の高さ」によるものでしょう。将来の夢や目標が漠然としている若者も多い中、フィッシングカレッジの学生たちは入学した時点で釣りのプロになりたい、あるいは釣りの業界で仕事をしたいという情熱を持っている点が素晴らしいと思います。なにより、同じ目標を持った仲間やライバルたちと切磋琢磨できる環境はほかにありませんから、入学した以上は努力を怠らず頑張っていただきたいです。そして、これから業界を目指すみなさんには、日本の釣りの将来についても真剣に考えていただきたい。釣り場というのは魚と水だけで成り立っているわけではありません。「釣りが上手い」というだけでなく、地元の方々をはじめとした「釣り場を取り巻く人々の気持ち」にも配慮できる人間になっていただきたいと思います。

【PROFILE】
1974年兵庫県出身、東邦大学卒業。JBTOP50シリーズに出場するかたわら、亀山ダムや桧原湖、琵琶湖、霞ヶ浦水系などバラエティーに富んだフィールドにおけるプロガイドとしても活躍している。2008年に自身初となるビッグタイトルJBSuperBassClassicで優勝。その後2009年と2010年には2年連続でJB TOP50年間総合優勝を獲得している。2012年には三度目となるJBTOP50総合優勝を果たすともに、BasserAllstarClassicも制覇。スモールベイトのスペシャリストとして知られ、あらゆるコンディションでも安定した成績を収めるバーサタイルなアングラーとして高い評価を得ている。

田辺 哲男 氏

釣りは豊かな自然環境があってこそ。
将来を見据え、自分のあり方を考えよう。

田辺 哲男

私はフィッシングカレッジの特別講師として、2011年から合宿での技術指導や特別講義を行なっています。学生たちはとても熱心で、自分の好きな釣りの世界で仕事をしたいという意欲を感じました。私が受け持った講義では、毎回ひとつの重要なテーマについて話をしています。それは日本、ひいては世界の自然環境において、将来を見据えた自分のありかたを考えてほしいということです。釣りは魚がいて初めて成り立つものであり、魚は豊かな自然環境があってこそ存在できるものです。ところが、日本の自然環境は現在、危機的な状況にあると言わざるを得ません。この自然環境が今後どうなっていくのか...そのシミュレーションができる人材こそが釣り業界において必要だと考えています。釣りの技術や知識以前に、まずは真剣に自然と向き合いましょう。子供のころから今までの変化を思い起こしながら、将来に思いを馳せてほしいと思います。

【PROFILE】
1958年神奈川県出身。慶応義塾大学卒業後、日本のバスフィッシングトーナメント黎明期からトッププロとして活躍。JBTA(現JB)のアングラーオブザイヤーをはじめとした国内の主要タイトルを手中にした後はアメリカB.A.S.S.のトップカテゴリーに参戦。1993年にはケンタッキーインビテーショナルにおいて、アメリカ人以外として初の快挙となる優勝を果たし、2000年にはB.A.S.S.バスマスタークラシックにも出場。現在は活動の拠点を国内に移し、Noriesブランドをはじめとしたタックルの開発や、バスに留まらないさまざまなゲームフィッシュのオーソリティーとして数多くのメディアで活躍している。

山木 一人 氏

個性を磨いて、人に興味を持たれる存在を目指そう。

山木 一人

現在、釣り業界におけるフィッシングカレッジの存在感は非常に大きくなり、トーナメントはもちろん一流ブランドといえるメーカーにまで活躍の場は広がっています。私は特別講師として各校舎を訪れたことがあります。学生たちはとても礼儀正しく、挨拶もしっかりしていたのが印象的でした。このとき、「せっかく挨拶するなら名前を覚えてもらうために名刺を用意したほうがいい」と話をしたのですが、その翌年にはほとんどの学生が名刺を用意していたことに驚きました。これは学校側の指導もしっかりしているのでしょう。フィッシングカレッジの学生は「即戦力候補」として見られています。在校中に業界の人と接する機会も多いので、常に自分の「色」をアピールしてほしいと思います。釣り業界は意外に狭く、ライバルも多いものです。プロアングラーを目指すにせよ、メーカーや流通業を目指すにせよ、個性を磨いて人に興味を持たれる存在を目指してください。

【PROFILE】
1967年神奈川県出身、日本大学卒業。生家は芦ノ湖でレンタルボート店「アングラーズハウスYAMAKI」を営んでおり、物心つく前から釣りに親しんできた。箸より先に釣り竿を握ったほどの長い経歴をもっており、バスに限らずトラウトやヘラブナ、さらにソルトウォーターに至るまで、さまざまな魚種のエキスパートとして知られている。クリアレイクでの釣りを得意としており、生まれ育った芦ノ湖はもちろん、河口湖でも数多くのトーナメントを制覇。さまざまなタックルの開発にも積極的に取り組んでおり、シマノが復活させた往年のブランド「バンタム」シリーズのロッドやルアーのプロデュースには大きな注目が集まっている。

No.1

大阪校2003年卒業

北 大祐 プロ

北 大祐 プロ

スポンサー

  • LEGIT DESIGN
  • 一番館&シースピリット
  • サンライン
  • K.T.F.キャリル・チューンド・ファクトリー
No.2

富士河口湖校2005年卒業

五十嵐 誠 プロ

五十嵐 誠 プロ

スポンサー

  • がまかつ
  • スタジオコンポジット
  • ジャクソン
  • キサカ
  • サンライン
  • プロショップオオツカ
No.4

旧東京校2003年卒業

青木 大介 プロ

青木 大介 プロ

スポンサー

  • DSTYLE
  • ティムコ
  • FINA
  • ゲーリーインターナショナル
  • 湖波
  • ピュアフィッシングジャパン
  • V6マリンサービス
No.7

大阪校2001年卒業

小林 知寛 プロ

小林 知寛 プロ

スポンサー

  • エバーグリーンインターナショナル
  • オフィスZPI
  • ベイトブレス
  • がまかつ
  • ガンクラフト
  • GLデザインラボ
No.9

大阪校2006年卒業

武田 栄喜 プロ

武田 栄喜 プロ

スポンサー

  • ジャクソン
  • RYUGI
  • サラヴィオ化粧品
  • 東レ インターナショナル
No.10

福岡校2010年卒業

佐々 一真 プロ

佐々 一真 プロ

スポンサー

  • マルチブック
  • G-Fishing
  • シマノ
  • センターフィールド
No.23

福岡校2008年卒業

早野 剛史 プロ

早野 剛史 プロ

スポンサー

  • シマノ
  • ジャッカル
  • モーターガイド
No.24

富士河口湖校2008年卒業

西川 慧 プロ

西川 慧 プロ

スポンサー

  • ジャッカル
No.25

富士河口湖校2015年卒業

郡司 潤 プロ

郡司 潤 プロ

スポンサー

  • ジャッカル
No.29

旧東京校2001年卒業

江口 俊介 プロ

江口 俊介 プロ

スポンサー

  • レイドジャパン
  • ゲーリーインターナショナル
  • V6マリンサービス
  • 東レ インターナショナル
  • RYUGI
No.30

旧東京校2002年卒業

川又 圭史 プロ

川又 圭史 プロ

スポンサー

  • サンライン
  • スタジオコンポジット
  • スミス
  • カハラジャパン
  • がまかつ
  • プロショップK's
No.31

富士河口湖校2016年卒業

冨沢 真樹 プロ

冨沢 真樹 プロ

スポンサー

  • ゲーリーインターナショナル
  • ism
No.33

名古屋校2004年卒業

乃村 弘栄 プロ

乃村 弘栄 プロ

スポンサー

  • ハイドアップ
  • モーリス
No.37

富士河口湖校2015年卒業

長谷川 太紀 プロ

長谷川 太紀 プロ

スポンサー

  • ジャクソン
No.42

旧東京校2003年卒業

岩堀 航 プロ

岩堀 航 プロ

スポンサー

  • ゲーリーインターナショナル
  • エルファースト
  • がまかつ
  • バークレイ
  • 湖波
  • サラヴィオ化粧品
  • ダッシュ
No.50

名古屋校2001年卒業

織田 伸彦 プロ

織田 伸彦 プロ

スポンサー

  • ジャッカル
  • 見晴茶屋
  • O.N.プランニング
No.52

仙台校2002年卒業

幕田 勇樹 プロ

幕田 勇樹 プロ

スポンサー

  • レイン
  • バークレイ
No.54

大阪校2012年卒業

三原 直之 プロ

三原 直之 プロ

スポンサー

  • イマカツ
  • アウトドアハウスアオノ
  • 東レ インターナショナル
  • 東条湖ビッグバイト
  • RYUGI

PageTop

コース一覧

校舎紹介

ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジfacebookページ