FASHION ファッションカレッジ

将来の目標は『自分のお店を持つコト。』卒業生が語る、学生時代にしておくべきこと。

20160428.1.JPG

ファッションカレッジ ファッションプロデュース専攻
2016年3月 卒業 
帝京安積高等学校出身高校 

小針 慶亮 くん

現在、大手アパレルブランド『ストライプインターナショナル』(旧クロスカンパニー) SEVEN DAYS = SUNDAY 新宿マルイ店で社会人1年目をしている卒業生が遊びに来てくれたのでインタビューをしました!

☑ファッション業界を目指そうと思ったキッカケは?

すごく、単純なんですが初めは『雑誌にのりたい!』と思ったのがキッカケです。洋服も好きだったので漠然とファッション業界って楽しそうだなーと思いました。また僕が通っていたアパレル店の販売員の人が楽しそうに働いていたのを見て影響されたのもあります



☑東京にはたくさんの服飾専門があるけど、何故ヒューマンに?

ヒューマンアカデミーは、物造りから販売までの流れをトータルに学べる学校だからです。
物の流通はどんなものでも基本的には一緒なので、ファッション以外でも使えるからお得だなーと。
他の学校だと、どうしてもデザイン要素が強くなるじゃないですか。なのでヒューマンアカデミーへ入学しました。



☑地元は福島だけど上京するのはドキドキした?

ファッションを勉強するなら東京がレベルが高いので上京したいと思いました。
福島で勉強するより東京で勉強したほうが自分のレベルが上がると思いました。ドキドキよりは、わくわくと言う表現の方が正しいと思います。



☑働いてみて役立った授業はありますか?

田中先生や、伊藤先生からファッション業界で働くリアルな現場の話を聞けるのが良かったです。
学生の頃って働くことに対してリアルじゃないんですが、働いてみて感じるのが学生のうちにリアルな話を聞けたコトはよかったです。



☑アパレル業界で働いてみて・・・

嬉しいことは自分が着用しているものが、たくさん売れることです。大変なことは、同じ東京で同じブランドでもお客様に違いがあることです。
池袋店だと若いお客様が多いですし、新宿だと大人のお客様が多い。言葉使いも変えています。お客様に気持ち良く買い物をしてもらうポイントです。

20160423.2.JPG
☑就職活動はどうでしたか?

就職活動を始めたころは、抽象的に話すことしか出来ませんでした。でもそれじゃあ面接には受かりません。
担任の田中先生に相談して、具体的に話せるように練習したり、宿題を個人的に貰ったりして乗り込ました。
そのおかげで面接が楽しくなりましたね。最初は難しかったですけど、負けないで続ければ楽しくなってきます。



☑将来の目標は?

自分のお店を持つことです。今だとライフスタイル提案型のセレクトショップが流行しているじゃないですか。
でも同じことしても、ライバルに負けるだけなので、自分なりの画期的なお店を作りたいです。
僕が勤めているストライプインターナショナルではおもしろい制度があります。店長を勤めているときに『海外留学に行けるんです。戻ってきても店長として働ける。』そういった制度を利用しながら成長して自分の夢を叶えて行きたいと思います。


☑最後に後輩にメッセージを!

2年間ってすごく短いです。
伊藤先生や田中先生の話を完璧に理解するのは難しいかも知れません。出来るだけ理解するためには、アパレルでアルバイトをしながら学生生活を送ることです。
そうすることで、先生の話がリアルに感じられます。また、ヒューマンは服好きにはたまらない場所に学校があります。
学校の帰りにはなるべくハイブランドに寄って勉強してください。知識が将来自分のために役立ちます。



ファッションのことを学ぶならヒューマンアカデミー!
⇓⇓⇓⇓資料のご請求はコチラから⇓⇓⇓⇓


panfu-1.jpg

ちょっと質問してみたい!オープンキャンパスの最新情報が欲しい!
そんなアナタは!

友だち追加数
URLからでもカンタンに友達追加できます☆
http://line.me/ti/p/@abd3553d
gakkoukengaku-.jpg

taiken-bana-.jpg
BEFORE
NEXT
    Instagram
    • LINE
    • Instagram
    • YouTube