トピックス

プロ野球上昇球団!その強さの秘密とは!?

19c9f885178a48b17bbd710b4a70b7b2_s.jpg

今、プロ野球でとある球団がもの凄く強い!
なぜこんなにも強かったのか?
今日はその秘訣をさぐってみましょう!!
ずばり、強さの秘訣はトレーナー部門の支えがあったから、と言っても過言ではないでしょう。。。

その球団は、他の球団に比べ移動距離が長く、他の球団にくらべ疲れが蓄積されやすい。

体への負担が蓄積されれば、当然怪我もしやすくなる。
しかしながら今年その球団では、アクシデントによって右足首を骨折した選手はでたものの、それ以外に故障による目立った長期離脱者はなく、戦力を維持し続けた。それが強さの補欠であり、それを支えたのがトレーナー陣だったのでしょう。

プロスポーツにとって戦力を落とさないために最も重要なことは、『ケガの予防、故障者をださないこと』
今年は練習や試合で疲れたらトレーナーがマッサージをすればいい、などという短絡的な施術ではなく、
動作分析と傷害評価によってケガや不調となる原因を分析し、補強のためのトレーニング指導だけでなく、栄養や睡眠へのアドバイスなど、細かなところまでケアしてのこの強さをだせたのではないでしょうか?

もっと、身近な表現を使えばトレーナー陣が選手のコンディションを良い状態で整え続けた結果とも言えるでしょう。

ちなみに『コンディショニングを整える』と言いますが、皆さんはコンディションの言葉、正しく説明できますか?
日本オリンピック委員会によるとコンディションとは『目的とする試合に向けての期間を限定された中での調整と、日常的なトレーニングをいかによりよい状態で効果的に継続していくかということへの対応』の事です。

このコンディショニングはとても大切で、リオオリンピック時の日本オリンピック委員会では選手向けにコンディショニングガイドを配布したほどです。

選手と積極的にコミュニケーションを図りながら信頼関係を築いて、できるだけ状態の良い選手を増やすことがトレーナーの仕事です。

今回はプロ野球球団のトレーナーをテーマにあげさせていただきましたが、
世間ではチーム力が高いからとか、選手が良いから優勝して当たり前などと言う方もいるとは思いますが、
選手一人ひとりのコンディショニングを整え、尚且つ、毎試合ベストな状況で試合に出続ける環境を作り出す、コンディショニングコーチやパフォーマンスコーチはチームにとって欠かせない存在です。

スポーツの現場でしたい!
選手と汗を流し、コンディショニングの管理やトレーニング指導を始め、
現場で選手と一喜一憂したいと思ったあなたは注目!

まずは資料請求から!!

トレーニング指導のスペシャリストを目指すスポーツカレッジ

【無料 資料請求】最短2日でお届け!まずはパンフレットを取り寄せよう!

【無料 学校見学】随時開催中!学校見学はこちらからお申込みできます!

【無料 体験授業】オープンキャンパス!体験授業はこちらから申込できます!