ストレングスコーチの仕事を知ろう!

ストレングスコーチのお仕事紹介

アスリートを支えるスポーツトレーナーの中に、ストレングスコーチというものがあります。簡単に説明すると、テレビなどでも良く目にする筋力トレーニングなどのサポートを行う職業です。そんなストレングスコーチになるためにはどうすれば良いのでしょうか。仕事の内容と必要なスキルについて紹介します。


ストレングスコーチとは?

ストレングスコーチは、スポーツ選手を対象にトレーニングのサポートを行うスポーツトレーナーの一種です。他のトレーナーと異なるのは、ストレングス・トレーニングを用いて、パフォーマンスの向上を図るという点。
ストレングス・トレーニングとは、いわば筋力トレーニングのことです。ストレングスコーチは、スポーツの種類に合わせて、アスリートの筋力が最大限、かつ適切に動かせるようにトレーニングを組み立てていきます。スポーツの理論をもとに、スポーツ選手に合ったプログラムをつくる訳ですから、いわばスポーツのサイエンティストのようなものなのです。
また、ストレングスコーチの役割はトレーニングプログラムの作成だけにとどまりません。ケガの予防を考えたプログラムの構築、アスリートに対するドーピングなどの教育もストレングスコーチの仕事のひとつとされています。


ストレングスコーチになるには?(必要な資格・スキル)

ストレングスコーチになるには、プロスポーツチームやスポーツクリニック、フィットネスクラブに採用されて仕事につくのが一般的です。こうした働き先では、体育系の大学や専門学校卒業者が多く働いています。
ストレングスコーチになるには一般的に、スポーツトレーナーとして経験を積んだ後、ストレングストレーナーのための専門知識を学んでなることがほとんどです。ストレングスコーチの知識を証明できる資格には、NSCA主催のCSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)やアメリカギャラップ社のストレングスファインダーというものがあります。


ストレングスコーチの年収は?

ストレングスコーチの初任給は20~25万円で、年収は300~1000万円。スポーツトレーナーを経て、ストレングスコーチの資格を取得したり、プロスポーツチームなどに所属できれば、高年収を得ることも可能です。


ストレングスコーチの求められる人物像は?

ストレングスコーチの知識は、スポーツトレーナーのより専門的な分野になります。そのため、就職してからでも自分の知識を常に磨く意欲のある、向上心を持った人物が求められます。
また、アスリートの体力や筋力的な面を支えるストレングスコーチは、常に選手の体調と科学的な側面から、どういったトレーニングが良いのか考える必要があります。そのため、冷静にものごとを判断できる人物もまた求められています。



この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

パーソナルトレーナーとして将来的に働くことを考えているなら、まずはスポーツ業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにスポーツ業界に入るには専門知識が必須。パーソナルトレーナーとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

スポーツカレッジ

スポーツトレーナー専攻
スポーツマネジメント専攻

関連する職種も確認する

パーソナルトレーナーアスレティックトレーナー