パーソナルトレーナーの難易度は?

パーソナルトレーナーの難易度は?

パーソナルトレーナーとは、スポーツジムやプロスポーツ選手などに対し、マンツーマンでサポートを行うトレーナーのことです。必ずしも資格が必要な職業ではありませんが、トレーナーとしての価値を高めるためには資格が役立ちます。パーソナルトレーナーの資格としては、NSCA認定パーソナルトレーナーやNESTA認定パーソナルフィットネストレーナーが有名。いずれも難易度の高い試験です。パーソナルトレーナーの知識をしっかりとつけておく必要があります。スポーツトレーナー専攻ではいずれの資格にも対応している点は見逃せません。


パーソナルトレーナーのやりがい

パーソナルトレーナーはスポーツインストラクターなどとは異なり、マンツーマンで指導を行う仕事です。マンツーマンで行うため、指導にあたりやすく、結果が見えやすいという特徴があります。まさに、パーソナルトレーナーのやりがいとは、指導している選手や顧客の願いがかなったとき、成長が見られたときです。これまでのやり方に間違えがなかった、自分のサポートによって担当している選手などの力が伸びたという事実は、パーソナルトレーナーにとって誇りにも繋がります。指導にあたって、担当した選手などの成長が自分のことのように喜べる方にとってはまさに天職ではないでしょうか。


パーソナルトレーナーの個人・独立

パーソナルトレーナーとして、将来的に独立の道を考えているのであれば、ジムやスポーツクラブなどで実績をつけてからなるというのが一般的です。それは、有名な選手を指導した、ダイエットなどを何人も成功させてきたなどの実績があると自然に注目が集まるため。もし大きな実績がない状態であれば、少なくともパーソナルトレーナーとしての資格は取っておくと良いでしょう。実績の欄に記入できますし、パーソナルトレーナーの資格を持っているということで、市場価値が高まります。パーソナルトレーナーはマンツーマンの指導になるため、特にジムなどを開設せずに独立できるのが特徴です。公共の場で行ったり、顧客の家で行ったり、さまざまな方法があります。独立前にどのような形でトレーナーの仕事を行うのか考えておくことが大切です。


女性のパーソナルトレーナー

女性のパーソナルトレーナーとして有名なのは、ボディーメイクなどに携わる岡部友さんなど。女性のパーソナルトレーナーとしての強みは、女性ならではの視点に立って指導ができるという点です。特に、最近ではしっかりダイエットしたいなどのニーズから、パーソナルトレーナーによるボディーメイキングを希望する女性も増えてきました。そういった女性のダイエット願望などを叶える、女性のパーソナルトレーナーは需要のある職業だと言えます。



この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

パーソナルトレーナーとして将来的に働くことを考えているなら、まずはスポーツ業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにスポーツ業界に入るには専門知識が必須。パーソナルトレーナーとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

スポーツカレッジ

スポーツトレーナー専攻
スポーツマネジメント専攻

関連する職種も確認する

パーソナルトレーナーアスレティックトレーナー