ソルトウォーター専攻

実践的な技術を手に入れて
海釣りのプロになる!

海釣り分野のエキスパートを養成する専攻です。ソルトウォーターフィッシングのプロとしてトーナメントを勝ち抜くための実践的なノウハウを習得します。また「海釣り」とひとくくりにしても、魚種や釣り方をはじめ、その内容は多種多様です。
シロギスに代表される海浜の投げ釣りやウキ釣りやチョイ投げ等のショアフィッシング、ビシカゴ釣りやウイリー釣りなどのオフショアフィッシングなど、各校の立地を活かした様々な実習が行われています。釣り具メーカーやショップスタッフ等の就職も視野に入れた現場直結の授業を展開し、幅広いフィールドで活躍できるソルトウォーターのエキスパートを輩出します。

カリキュラム

ソルトウォーター概論

ソルトウォーター実習計画に基づいて、仕掛け・タックルの概要、フィールド別の攻略法、対象魚種の特性やシーズナルパターン、危険回避と安全確保といった基礎・基本知識を学習します。

気象・海象学

天気図の読み方や使い方、天候や海の状態を見極められる力を身につけます。安全に釣りを楽しむためには必要不可欠な知識です。

魚類学

魚類の水圏における基礎的な原理・生態・習性を理解し、釣りに対する正しい知識を育てます。同時に、釣りを通じて生命体の貴重さも学んでいきます。

自然環境学

環境問題全般について学び、日常生活と環境の関係を意識することにより、より豊かな環境の創造を目指します。また、人と魚との関係を理解し、共生のためのよりよい方法を考えます。

釣具研究

竿、糸、リール、浮き、ルアーなど釣り具全般にわたってのメカニズムをわかりやすく解説。それぞれにおける特性を比較し、実践での選択に役立てます。また、商品化におけるポイントも学習します。

釣り文化研究

多岐にわたる釣りを、それぞれの歴史や風土・地域的民族性などと絡めながら、文化論として考察していきます。

釣り関連法規

海区及び湖(内水面)においては、釣りは法律によって規制されています。ここでは、水産資源保護法や遊魚船漁法、近年制定された特定外来生物法などについての、それらの目的・効果・影響などの知識を深く学習します。

科目一覧

1年次

  • 釣り文化研究
  • 魚類学Ⅰ・Ⅱ
  • ルアーメイキングⅠ・Ⅱ
  • バスフィッシング概論Ⅰ・Ⅱ
  • 自然環境学Ⅰ・Ⅱ
  • バスフィッシング技術Ⅰ・Ⅱ
  • ルアーフィッシング研究Ⅰ・Ⅱ
  • WORDⅠ・Ⅱ
  • 気象・海象学Ⅰ・Ⅱ
  • 担任ゼミ・セルフプロモーションⅠ・Ⅱ
  • 釣具研究Ⅰ・Ⅱ

2年次

  • ソルトウォーター実習Ⅰ・Ⅱ
  • EXCELⅠ・Ⅱ
  • ルアーメイキングⅢ・Ⅳ
  • 担任ゼミ・セルフプロモーションⅢ・Ⅳ
  • 就職対策Ⅰ・Ⅱ
  • ホームページⅠ・Ⅱ
  • PCデザイン
  • ※カリキュラムは教育内容向上のため変更になる場合があります。
  • ※大阪校ではフィッシング技術研究、フィッシング商品知識の授業を、釣り関連法規、特別講義の際に実施しています。
  • ※2年生は実習中心のカリキュラムになります。

学生釣果紹介

南伊豆

サイズ:約1.2Kg

魚の種類:アオリイカ

ロッド,ルアー:エギ王Q

米崎港

サイズ:20cm

魚の種類:ムラソイ

ロッド,ルアー:テキサスリグ

河口湖

サイズ:37cm

魚の種類:ブラックバス

ロッド,ルアー:ドラゴンXバグ

八景島シーパラダイス周辺

サイズ:不明

魚の種類:フッコ

ロッド,ルアー:ジグヘッド

先輩の声

「テスターになって、釣りで生計を立てる」
そのための勉強だから忙しくても楽しいです。

ソルトウォーター専攻 東洋医療専門学校出身 光本 和矢くん

 専門学校を卒業して会社に勤めていましたが、大好きな釣りに関わる仕事をしたいという思いが強くなり、入学を決意しました。入学後、釣りのテクニックだけでなく海水域や淡水域についてなど、今まで知らなかった知識も身につきました。今は卒論もあって忙しいですが、明確な目標に向かって勉強できているので毎日がとても充実しています。将来はテスターとして、釣りで生計を立てられるようになりたいです。

入学案内

入学案内

 入学までの流れや入学資格、教育ローンについてのご説明はこちら

コース一覧

校舎紹介

ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジfacebookページ