ルアービルダー専攻

科学的根拠を学び、
論理的な思考でルアーを作る。

ルアー作りはそのターゲットとなる魚の生態・習性を理解するところから始まり、餌となる虫や魚などの形・色・匂い・動きなどを細かく分析する必要があります。
雑誌などのレポートで、釣れたルアーを見て、その亜流を追い続けても答えは出ません。
精巧なルアーを作るためには素材の研究も重要です。さらに、商品として販売することを想定していますので、加工技術・ペインティング技術なども、実習を通してテクニックを磨いていきます。
ルアービルダー専攻では、稀少な講師陣とワーム製造機などの設備を駆使し、優れたルアー、売れるルアーを作るための知識・技術を養っていきます。

カリキュラム

ルアーメイキング

ルアー作りに不可欠の、ツールとマテリアルの基礎知識を学びます。その後、実習を通じて工作技術の向上を目指します。さらに、ルアーの動きを学び、より本格的なルアー製作を目指します。

PCデザイン

今やルアービルディングにおいてもコンピュータ化が進んでいます。釣り業界における実際の使用方法を学び、ルアー製作を行っていきます。

魚類学

魚類の水圏における基礎的な原理・生態・習性を理解し、釣りに対する正しい知識を育てます。同時に、釣りを通じて生命体の貴重さも学んでいきます。

自然環境学

環境問題全般について学び、日常生活と環境の関係を意識することにより、より豊かな環境の創造を目指します。また、人と魚との関係を理解し、共生のためのよりよい方法を考えます。

釣具研究

竿、糸、リール、浮き、ルアーなど釣り具全般にわたってのメカニズムをわかりやすく解説。それぞれにおける特性を比較し、実践での選択に役立てます。また、商品化におけるポイントも学習します。

釣り文化研究

多岐にわたる釣りを、それぞれの歴史や風土・地域的民族性などと絡めながら、文化論として考察していきます。

釣り関連法規

海区及び湖(内水面)においては、釣りは法律によって規制されています。ここでは、水産資源保護法や遊魚船漁法、近年制定された特定外来生物法などについての、それらの目的・効果・影響などの知識を深く学習します。

科目一覧

1年次

  • ルアーメイキングⅠ・Ⅱ
  • 自然環境学Ⅰ・Ⅱ
  • 釣具研究Ⅰ・Ⅱ
  • WORDⅠ・Ⅱ
  • バスフィッシング技術Ⅰ・Ⅱ
  • 気象・海象学Ⅰ・Ⅱ
  • 魚類学Ⅰ・Ⅱ
  • 釣り文化研究
  • 担任ゼミ・セルフプロモーションⅠ・Ⅱ
  • バスフィッシング概論Ⅰ・Ⅱ

2年次

  • ルアーメイキングⅢ・Ⅳ
  • PCデザイン
  • EXCELⅠ・Ⅱ
  • 担当ゼミ・セルフプロモーションⅢ・Ⅳ
  • フライフィッシング研究
  • 就職対策Ⅰ・Ⅱ
  • フィッシング技術研究Ⅰ・Ⅱ
  • ルアーメイキングⅤ・Ⅵ
  • ※カリキュラムは教育内容向上のため変更になる場合があります。
  • ※大阪校ではフィッシング技術研究、フィッシング商品知識の授業を、釣り関連法規、特別講義の際に実施しています。
  • ※2年生は実習中心のカリキュラムになります。

学生釣果紹介

河口湖

サイズ:35cm

魚の種類:ブラックバス

ロッド,ルアー:ミノー

野尻湖

サイズ:不明

魚の種類:スモールマウスバス

ロッド,ルアー:不明

桂川

サイズ:不明

魚の種類:イワナ

ロッド,ルアー:クランキングミノー

相模湖

サイズ:45cm

魚の種類:ブラックバス

ロッド,ルアー:アラバマリグ

高滝湖

サイズ:45cm

魚の種類:ブラックバス

ロッド,ルアー:テキサスリグ

池原ダム

サイズ:64.5cm

魚の種類:ブラックバス

ロッド,ルアー:エバーグリーン カレイド スーパースタリオン ジグヘッド、ワンナップシャッド、アンモナイトシャッド

先輩の声

釣りが好きな人たちから刺激を受けて
人間として、釣り人として、大きく成長。

ルアービルダー専攻 私立福岡工業大学附属城東高校出身 泉 龍吾くん

 社会人として働いていましたが、本当に好きなこと、やりたいことを仕事にしたくて、入学を決めました。今は魚の知識、釣り方、歴史、釣具の構造、作成工程など釣りの全てを学んでいます。高度な内容ですが、現役プロの講師の方々が分かりやすく教えてくれます。入学して釣り仲間も増え、一緒に様々なジャンルの釣りにも行くようになりました。将来の夢は、多くの方に「このルアーじゃないとダメだ!」と言っていただけるようなメーカーを立ち上げることです。

入学案内

入学案内

 入学までの流れや入学資格、教育ローンについてのご説明はこちら

コース一覧

校舎紹介

ヒューマンアカデミーfacebookページ