フィッシング経営専攻

フィッシングの楽しさ、
素晴らしさを、広く発信する。

フィッシング経営専攻ではフィッシング業界をビジネスパーソンの立場から、業界のメカニズムを理解したうえで、 商品企画、流通管理、接客、マネジメント、販売促進、イベント取材および記事の書き方などを専門的に学んでいきます。
講師には各ジャンルで現在活躍中のスペシャリストや、業界のリーダーを招いています。
ですから、第一線経験者しかわからないノウハウも学び取ることができます。
また、これからの業界人に求められる、環境問題に積極的に取り組むための基本となる学習もしっかりと組み込まれています。

カリキュラム

店舗経営

社会人として必要なビジネスマナー・コミュニケーション理論を学びます。

文章表現

釣り専門誌・紙面で釣りファンに読んでもらえる記事の書き方を学びます。5W1Hの文章の基本から、よりプロライクな技法までをマスターしていきます。

魚類学

魚類の水圏における基礎的な原理・生態・習性を理解し、釣りに対する正しい知識を育てます。同時に、釣りを通じて生命体の貴重さも学んでいきます。

自然環境学

環境問題全般について学び、日常生活と環境の関係を意識することにより、より豊かな環境の創造を目指します。また、人と魚との関係を理解し、共生のためのよりよい方法を考えます。

釣具研究

竿、糸、リール、浮き、ルアーなど釣り具全般にわたってのメカニズムをわかりやすく解説。それぞれにおける特性を比較し、実践での選択に役立てます。また、商品化におけるポイントも学習します。

釣り文化研究

多岐にわたる釣りを、それぞれの歴史や風土・地域的民族性などと絡めながら、文化論として考察していきます。

釣り関連法規

海区及び湖(内水面)においては、釣りは法律によって規制されています。ここでは、水産資源保護法や遊魚船漁法、近年制定された特定外来生物法などについての、それらの目的・効果・影響などの知識を深く学習します。

科目一覧

1年次

  • バスフィッシング技術Ⅰ・Ⅱ
  • 釣り関連法規
  • 担任ゼミ・セルフプロモーションⅠ・Ⅱ
  • 釣り文化研究
  • 海象・気象学Ⅰ・Ⅱ
  • バスフィッシング概論Ⅰ・Ⅱ
  • 自然環境学Ⅰ・Ⅱ
  • 魚類学Ⅰ・Ⅱ
  • WORDⅠ・Ⅱ

2年次

  • イベント運営実習
  • フライフィッシング研究
  • 就職対策Ⅰ・Ⅱ
  • 担任ゼミ・セルフプロモーションⅢ・Ⅳ
  • ホームページⅠ・Ⅱ
  • PCデザイン
  • 店舗施設実習
  • EXCELⅠ・Ⅱ
  • ※カリキュラムは教育内容向上のため変更になる場合があります。
  • ※大阪校ではフィッシング技術研究、フィッシング商品知識の授業を、釣り関連法規、特別講義の際に実施しています。
  • ※2年生は実習中心のカリキュラムになります。

学生釣果紹介

千曲川

サイズ:32cm

魚の種類:ヤマメ

ロッド,ルアー:ライトタックル、ミミズ

河口湖

サイズ:41cm

魚の種類:ブラックバス

ロッド,ルアー:ラバージグ

西伊豆

サイズ:不明

魚の種類:カサゴ

ロッド,ルアー:不明

野尻湖

サイズ:48.5cm

魚の種類:ブラックバス

ロッド,ルアー:ポークルアー

河口湖

サイズ:35cm

魚の種類:ラージマウスバス

ロッド,ルアー:スプーン
※表記に一部誤りがございました。訂正しお詫びいたします。

卒業生の声

株式会社ラインシステム

フィッシングカレッジ/フィッシング経営専攻 古田 啓人くん

 履歴書の添削指導や面接練習を何度もしていただいたおかげで、本番ではしっかり自分の意志を伝えることができました。資格を取得していたこともアピールポイントになったと思います。

株式会社山鹿釣具

フィッシングカレッジ/フィッシング経営専攻 柿下 竜晟くん

 釣り竿のトップブランド「YAMAGA BLANKS」は就職したい企業でしたので、採用が決まりうれしく思っています。就職対策がしっかりしていたので、志望の会社に無事に入れたのだと感謝しています。

入学案内

入学案内

入学までの流れや入学資格、教育ローンについてのご説明はこちら

コース一覧

校舎紹介

ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジfacebookページ