HAIR & MAKEUP ヘアメイクカレッジ

ビューティアドバイザーの仕事を知ろう!

百貨店やショッピングモールなどでは、化粧品の販売店が設けられている場所も少なくありません。ビューティアドバイザーとは、そんな化粧品売り場などで働く人たちのことを指します。化粧品の知識に長けたビューティアドバイザー。具体的にはどのようなお仕事なのか見てみましょう。

ビューティアドバイザーとは?

ビューティアドバイザーとは、美容部員とも言われるお仕事です。主に、ショッピングモールなどの化粧品売り場で、接客や化粧品の販売を行っています。ビューティアドバイザーと言われる所以は、メイクを交えた接客を行うことがあるため。特に化粧品の場合、人の肌質や肌の色によって合う、合わないが大きく分かれます。実際に試用してみないと、良さが分からないこともあるのです。ビューティアドバイザーは、そんなメイクの悩みを抱えている方に対して、実際にメイクを施したり、タッチアップを勧めたりするなどの接客を行っていきます。メイクの悩みに親身に応える接客が、販売促進へと繋がっていくからです。

ビューティアドバイザーになるには?(必要な資格・スキル)

ビューティアドバイザーになるには、化粧品メーカーや化粧品販売店に採用されて仕事につくのが一般的です。こうした働き先では、ヘアメイク系の専門学校卒業者が多く働いています。
ビューティアドバイザーになるのに必要な資格はありません。しかし、実際にメイクを顧客にメイクを施すこともある仕事です。メイクに関する知識を身につけておいた方が有利だと言えるでしょう。また、必須ではありませんが、メイクに関する資格には、メイクセラピー検定や、メイクアップ技術検定、日本化粧品検定などがあります。仕事に活かすという意味で取得しておいても損はないでしょう。

ビューティアドバイザーの年収は?

ビューティアドバイザーの初任給は18~22万円で、年収は250~700万円。ただし、近年では正社員だけでなく契約社員やアルバイトでのビューティアドバイザーも増えてきたため、一概には言えません。年収アップを目指すのであれば、まずは正社員での採用を目指すことが大切です。

ビューティアドバイザーの求められる人物像は?

化粧品の世界は、日々新しい商品が売り出され、さらにトレンドも年々によって変化していきます。変化するトレンドに対応するには、ビューティアドバイザーとして日々化粧品を研究したり、新しい化粧品を試したりするなどの努力が大切。そのため、探求心のある人物が求められています。
また、化粧品を実際に使用して接客を行うこともあるビューティアドバイザー。販売を促進するためにも、コミュニケーションに長けているだけでなく、分かりやすく、顧客が笑顔になれるようなアドバイスができるという点も大切です。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

この職業で将来働くことを考えているなら、まずは美容業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。
美容業界で働くには専門知識が必須。まずは専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

カレッジのご紹介
ヘアメイク カレッジ
ファッション カレッジ

    Instagram
    • LINE
    • Instagram
    • YouTube