バスケットボールカレッジ

学生の声&学生生活

bas_student_title
野口岳人くん

自分の思っていた熱量がここにあって入学を決めました!

野口岳人くん

神奈川県立氷取沢高校出身

大学受験の準備をしている途中、バスケットボールカレッジの体験に参加して、自分の思っていた熱量がここにあったので入学を決めました。そして、2年間学んだことによって、ボールハンドリングやシュートなどプレーのクォリティーが上がったと実感しています。今後は働きながらバスケットボールを続けていきます。


次のステージは憧れていたストリートバスケのプロ

藤村祐輔くん

宮城県松島高校出身

ずーっとプロになるのが夢だったので、とにかくバスケットボールがうまくなりたくて入りました。卒業後については両親とも相談して、憧れていたストリートバスケのプロリーグに参戦する予定です。ストリートバスケは1対1のプレーが中心なので、バスケットボールカレッジで学んだことを次のプロの舞台で活かしていきます。

藤村祐輔くん

原田淳史くん

大学のコーチを目指して入りました

原田淳史くん

関西外国語大学出身

大学卒業後、半年間だけ社会人を経験しましたが、仕事をしていても生きている心地がしなかったので、コーチを目指してバスケットボールカレッジに入学しました。卒業後は家業を本業に、大学の外部コーチになりたいと思います。そして、選手と共に自分も成長していきたいです。


プロプレーヤーへの近道と思って入学を決意

根本大輝くん

ユースコース/横浜市立笹下中学校出身

プロプレーヤーを目指しているので、普通高校よりもバスケットボールカレッジの方がプロへの近道かなと思って入学しました。技術的には3Pシュートも打てるようになりました。通信制高校の勉強との両立がきつい時もありますが、先輩たちは優しいし、5対5などバスケットボールの授業は楽しいです。

根本大輝くん

永田純一くん

プロになるための環境の中でプレーも体も鍛えられています

永田純一くん

ユースコース /枚方市立樟葉中学校出身

バスケットボールの実技以外では、ウエイトトレーニングが本当にしんどいです。でも、プロになるためには体づくりも大切ですから、こういった環境でできるのはとても有難いです。プレー面ではボールハンドリング力が上がり、シュートも仲村ヘッドコーチの指導がとてもためになっています。将来はオーストラリアへバスケ留学に行きプロを目指します。