取得できる資格紹介

実践的指導で、多くの学生が資格を取得!

NSCA(ストレングス&コンディショニングの世界的権威・米国の非営利教育団体)、NATA(全米アスレチックトレーナーズ協会)、NESTA(全米エクササイズ・スポーツトレーナー協会)など、世界100カ国以上で活動するトレーナー協会の資格取得を推奨しています。国際的に信頼性の高い資格にも積極的にチャレンジしていきます。スポーツ業界のプロフェッショナルとしてより高い技術・知識を習得し、その実力を証明する資格取得を目指します。

取得目標資格

スポーツ界には多くの必須資格があります。自分が目指す分野に関連する資格には積極的にチャレンジしましょう。
資格を取得すると活躍フィールドがはっきりと見えてくるし、その過程で確かなスキルも身についているはず。
ヒューマンアカデミーは、資格ごとの効果的な受験対策指導でしっかりバックアップします。

NATA-ATC
National Athiletic Trainers'Association - Athletic Trainer Certified

世界標準のトレーナーの証。

トレーナー資格を目指すにあたって、世界中で最も権威があり「世界標準」と言われているのがNATA-ATCです。この資格を取得するにはCAATE(準医療事務教育認定委員会)の認定する教育プログラムを有するアメリカの大学で所定のカリキュラムを修了し、認定試験に合格する必要があります。なおアメリカのスポーツトレーナーの95%以上がATCだと言われています。

日本SAQ協会認定SAQインストラクター
※Speed, Agility and Quickness

最先端スポーツトレーニング法をマスター。

SAQは、スピード(走る時の最高速度の能力)、アジリティ(敏捷性)、クイックネス(静止からの速い反応と動作)の略。アメリカンフットボールやバスケットボールのチームのために開発された最先端をいくトレーニング方法です。

NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)
National Strength and Conditioning Association rsonal Trainer

マンツーマンの指導を行う、トレーニング分野の専門家。

個人の身体能力や目的・ライフスタイルに合わせたトレーニング・プログラムの作成からマンツーマン指導までを行います。すでにアメリカでは一般的職業として認知され、今後日本でも社会的ニーズが高まるでしょう。

CKTT
Certified Kinesio Taping Trainer

トレーナーの基本技術をマスター。

キネシオテーピングの基礎的な知識を習得しているかをオンライン試験で判定します。合格するとキネシオテーピングを他者に指導することができます。

NSCA-CSCS (NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
National Strength and Conditioning Association nditioning Specialist

科学的トレーニングのスペシャリスト。

競技パフォーマンスを向上させるために、科学的な知識を応用して選手にトレーニングを実施させる専門職です。現在世界中で約22,000名のCSCS(日本の認定者約700名/2007年3月31日現在)がスポーツ関連の現場で高い評価を得ています。
※大学卒業資格が必要となります。
※試験申し込み時までにNSCAに加入することが受験の条件です。

JCCAベーシックインストラクター
※Japan Core Conditioning Association

新しい理論に基づく健康維持のエキスパート。

体幹(コア)とは、文字通り体の幹となる部分を指します。このコアのゆがみやねじれを整え、コアの筋肉を引き締めて安定させることで、ヒト本来の機能的で美しい姿勢を保つことができ、身体能力を回復・向上させることができます。この考えに立脚したトレーニングが正しく指導できる人に与えられる資格です。

NESTA PFT (NESTA公認パーソナルフィットネストレーナー)
National Exercise & Sports Trainers Association Personal Fitness Trainer

フィットネス業界で活躍する総合的な能力を。

スポーツクラブで働く人やフィットネス業界で独立開業することを目標とする人のために考案・開発された認定試験。実践的技術・医療的技術・ビジネススキルを網羅し、クライアント個々のニーズやゴールに的確なプログラムを提供できる能力を育てます。
※スポーツカレッジはNESTA-JAPAN認定校です。

JLA-CPR-AED
Japan Lifesaving Association Cardio Pulmonary Resuscitation Automated External Defibrillatorator

もしもの時に役立つ、必携の資格。

JLA(日本ライフセービング協会)による講習を受け、取得する資格です。心肺蘇生法(CPR)の普及を目指し、社会復帰率の向上に貢献することを目的とし、成人に対して1人で実施する心肺蘇生法(CPR)の習得を目指していく講習会です。

JATI-ATI (JATI認定トレーニング指導者)
Japan Association of Training Instructors Training Instructor

科学的な運動プログラムを作成・指導。

科学的根拠に基づく適切な運動プログラムを作成・指導するために必要な知識を習得。スポーツ選手や一般人を対象としたトレーニング指導の専門家として活動するための基礎資格として位置づけられます。上級、特別上級という上位資格もあります。
※スポーツカレッジは2007年よりJATI公認養成機関に認定されています。

日本レクリエーション協会
レクリエーションインストラクター

取得することで活動範囲が広がる。

子ども会活動や学校教育、スポーツ指導、高齢者施設などで、「遊び」や「スポーツ」などの活動をアレンジし、リードできる人材を育成するために設けられた資格です。お互いにコミュニケーションを取りやすい雰囲気を作る技術も習得します。

MFA-CPR・AED
※Medic First Aid

多様なシーンで活用が期待される資格。

MFAはメディック・ファースト・エイド(R)の略称です。MFAは救急医療の先進国、アメリカで25年以上も前に誕生した一般市民レベルの応急救護の手当の訓練プログラムです。救助前の安全確認や感染予防から手当後の心のケアまで、傷病者だけではなく救助者の安全や心理的な側面までカバーしています。

その他の取得可能な資格
LATD(リトル アスリート トレーニング ディレクター) 簿記検定
イベント検定 Excel表計算処理技能認定試験
ビジネス能力検定 ワードプロセッサ技能認定試験
サービス接遇検定 競技役員基礎知識
販売士検定 日本赤十字社救急法救急員

PageTop