スポーツインストラクターの難易度は?

スポーツインストラクターの難易度は?

スポーツインストラクターはスポーツジムなどで、複数の生徒に向けて特定のスポーツの指導などを行う職業です。スポーツトレーナーやアスレティックトレーナーなど、マンツーマンで指導を行う職業よりは、難易度は低い職業になっています。しかし、テニスだったらテニス、ヨガだったらヨガなどと、指導を行う特定のスポーツについては、ある程度の知識を持っておくことが必要です。必ずしも資格が必要な職業ではありませんが、エアロビインストラクターや水泳指導管理士などの資格もあるので、気になる場合はチェックしてみましょう。


スポーツインストラクターのやりがいとは

スポーツインストラクターは、特定のスポーツを指導するという立場上、自分も一緒にスポーツに取り組むことがあります。自分の好きなスポーツを続けられるという点においては魅力のある職業です。 さて、スポーツインストラクターのやりがいと言えば、さまざまな年代の方と関わり合ったり、喜びを一緒に分かち合ったりできるという点。スポーツインストラクターはトレーナーなどと比べると、トレーニングというよりは、スポーツを楽しむという傾向が強い職業です。スポーツを通して、生徒さんたちがいきいきしている姿や一生懸命に取り組んでいる姿は、スポーツインストラクターにとってのやりがいと言えるでしょう。


スポーツインストラクターの個人・独立

スポーツインストラクターは将来的には独立も見込める職業です。また、携わるスポーツによっては、長くスポーツインストラクターとして活躍できる可能性もあります。スイミングスクールやヨガスタジオなどを想像するとイメージがつきやすいでしょう。ヨガスタジオなどのように、スポーツインストラクターとして独立している方も多くいらっしゃいます。また、独立は自分でスタジオを開くという方法だけではありません。複数のジムと契約してフリーで働くという方法もあります。


女性のスポーツインストラクター

スポーツインストラクターは、実はスポーツ系の職業の中では、女性に人気のある職業です。ある調査によると、スポーツインストラクターの約70%が女性であるという結果が出ました。ひとつは、女性の明るさや細やかな気配りがスポーツインストラクターという職業に合っているから。また、最近ではヨガやエアロビクスなど女性のニーズが高いスポーツが盛んにおこなわれていることも要因として挙げられます。いずれにしても、スポーツインストラクターという仕事は、女性が入りやすい職業だということが分かります。また、人気を受けて、妊娠出産後に独立開業するというパターンも増えてきました。



この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

パーソナルトレーナーとして将来的に働くことを考えているなら、まずはスポーツ業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにスポーツ業界に入るには専門知識が必須。パーソナルトレーナーとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

スポーツカレッジ

スポーツトレーナー専攻
スポーツマネジメント専攻

関連する職種も確認する

パーソナルトレーナーアスレティックトレーナー