スポーツインストラクターの仕事を知ろう!

スポーツインストラクターのお仕事紹介

スポーツジムは単に体力の増強を図るだけでなく、ダイエットや健康維持など最近ではさまざまな用途で使われることが増えてきました。スポーツインストラクターは、さまざまな目的を持った利用者に対して、楽しみながらスポーツができるよう指導する職業です。実際に、スポーツインストラクターを目指そうと考えた場合、どのようなスキルや資質が必要となるのでしょうか。


スポーツインストラクターとは?

スポーツインストラクターは、フィットネスクラブやスポーツジムなどにおいて、一般の方を対象に指導を行う仕事です。トレーナーがマンツーマンで指導を行うのに対して、インストラクターは複数の人に同時に指導を行っていきます。
ヨガスクールやスイミングスクールなどを思い浮かべると想像しやすいのではないでしょうか。ヨガスクールなどのように、スポーツインストラクターは特定のスポーツを指導していくことが多いです。
しかし、最近では高齢化の流れを受けて、特定のスポーツの指導のみに限らず、健康増進教室や福祉施設などで、健康維持のための運動などの指導を行う機械も増えてきました。


スポーツインストラクターになるには?(必要な資格・スキル)

スポーツインストラクターになるには、フィットネスクラブやスポーツ施設などに採用されて仕事につくのが一般的です。こうした働き先では、体育系の大学や専門学校卒業者が多く働いています。
スポーツインストラクターになるのに、特に必要な資格はありません。しかし、スポーツを指導するという立場から、スポーツ学の基礎から栄養学まで身につけておくのが一般的です。そのため、専門学校などで基礎を習得してから就職するというケースがオーソドックス。また、専門のスポーツを指導するスポーツインストラクターになる場合は、日本体育協会主催の競技別指導者資格などの取得をしておくとさらに良いでしょう。


スポーツインストラクターの年収は?

スポーツインストラクターの初任給は17~20万円で、年収は200~400万円。フィットネスクラブ内などで人気が出ればもう少し年収を臨むこともかのうです。また、専門のスポーツを指導する仕事になりますので、将来的には独立開業するという道もあります。


スポーツインストラクターの求められる人物像は?

スポーツインストラクターは、スポーツを指導する立場であることから、高いコミュニケーション能力はもちろんのこと、適切な指導のためにしっかりとものごとを分析できる人物が求められます。
また、スポーツインストラクターはいろいろな年齢層の方に指導するケースも多い職業です。いかに気持ちよくスポーツができるか、生徒のモチベーションを上げる工夫ができる人物も求められます。



この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

パーソナルトレーナーとして将来的に働くことを考えているなら、まずはスポーツ業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにスポーツ業界に入るには専門知識が必須。パーソナルトレーナーとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

スポーツカレッジ

スポーツトレーナー専攻
スポーツマネジメント専攻

関連する職種も確認する

パーソナルトレーナーアスレティックトレーナー