キッズスポーツインストラクターの仕事を知ろう!

キッズスポーツインストラクターのお仕事紹介

キッズスポーツインストラクターは、単にスポーツを指導するだけではなく、スポーツを通して子どもの成長を実感し、ときに道徳的な指導を行う教育者としてやりがいのある仕事です。実際に、どのような仕事を行い、どのようなスキルが必要になるのか確認してみましょう。


キッズスポーツインストラクターとは?

キッズスポーツインストラクターは、主に幼児から小学生くらいの子どもに向けてスポーツの指導を行う仕事です。子ども向けのスクールやスポーツ少年団などを思い浮かべると想像しやすいでしょう。
またキッズスポーツインストラクターの場合は、子どもに向けてのスポーツの指導だけでなく、親にも参加してもらい親子のふれあいを通してスポーツの楽しさを教えることもあります。スポーツを通して子どもの心身の発達、親子のサポートを行うスペシャリストなのです。


キッズスポーツインストラクターになるには?(必要な資格・スキル)

キッズスポーツインストラクターになるには、キッズスポーツ教室やフィットネスクラブなどに採用されて仕事につくのが一般的です。こうした働き先では、体育系の大学や専門学校卒業者が多く働いています。
キッズスポーツインストラクターになるには特別な資格は必要ありません。しかし、スポーツの基礎知識はもちろん子どもの心身の発達などについても良く理解しておく必要があるため、専門学校などを経てからなるのが一般的です。こどもスポーツ専攻では、スポーツの知識はもちろん、発達心理学や食育など子どもに特化したプログラムを設けています。
また、必ずしも必要なわけではありませんが、キッズスポーツインストラクターに関連した資格には、日本体育協会主催のジュニアスポーツ指導員というものがあります。2~15歳までのスポーツの指導に関する知識が問われるもので、自分のスキルの向上を図るために取得を考えてみるのも良いでしょう。


キッズスポーツインストラクターの年収は?

キッズスポーツインストラクターの初任給は17~20万円で、年収は200~300万円。フィットネスクラブなどで勤務する場合は、キッズスポーツインストラクターとスポーツインストラクターが明確にされていないところもあり、年収もスポーツインストラクターとだいたい同じくらいです。


キッズスポーツインストラクターの求められる人物像は?

キッズスポーツインストラクターには、指導を通して子どもがスポーツを楽しめる、明るい人物が求められます。テレビ番組で登場する体操のお兄さんやお姉さんを思い浮かべると想像しやすいでしょう。
また、子ども時代のスポーツとは単に体を動かすだけでなく、子どもにとって団体行動や礼儀など学びの場でもあります。そのため、スポーツを教えられるだけでなく、道徳や社会的な教育ができるしっかりとした人物も求められます。



この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

パーソナルトレーナーとして将来的に働くことを考えているなら、まずはスポーツ業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにスポーツ業界に入るには専門知識が必須。パーソナルトレーナーとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

スポーツカレッジ

スポーツトレーナー専攻
スポーツマネジメント専攻

関連する職種も確認する

パーソナルトレーナーアスレティックトレーナー