アスレティックトレーナーの仕事を知ろう!

アスレティックトレーナーとは?

アスレティックトレーナーは、スポーツと医療のパイプ役となる存在です。基本的にはケガをしたスポーツ選手の応急措置やリハビリテーションを行います。そのため、スポーツ的な知識だけでなく医療的な知識も要する仕事になります。 また、こうした医療的な側面だけでなく、ケガが起こる前の予防のためのトレーニングや教育を行うのもアスレティックトレーナーの仕事。スポーツ選手をケガなどから守り、復帰を手助けする陰の功労者です。さらに、最近の流れとしてスポーツ界に限らず、高齢者や一般患者に向けたリハビリの指導など活躍の場はますます広がりをみせています。


パーソナルトレーナーとは?

パーソナルトレーナーは、マンツーマンでカウンセリングから、トレーニングのプランニング、ダイエットのアドバイスなどを行う職業です。個人個人にあったプログラムを組むことによって、苦手の克服やより効率的な身体づくりをサポートします。プロスポーツ選手では、専属のパーソナルトレーナーをつけてトレーニングを行うことも少なくありません。 近年では、一般的なジムでもパーソナルトレーナーによる個人個人にあったトレーニングを提供するようになってきました。スポーツ学的に見たトレーニングだけでなく、栄養などダイエットや健康の面でもサポートを行うのが特徴的です。


アスレティックトレーナーになるには?(必要な資格・スキル)

アスレティックトレーナーになるには、プロスポーツチームやスポーツ医療業界に採用されて仕事に就くのが一般的です。こうした働き先では、体育系の大学やスポーツ系の専門学校卒業者が多く働いています。 アスレティックトレーナーになるために必ずしも資格は必要ありませんが、競争率の高いプロスポーツへの就職を希望しているのであれば、資格はほぼ必須です。なかでも日本体育協会認定の公認アスレティックトレーナー資格は保有しておきたいところ。合格率は10%前後と低いですが、取得できると就職の際に有利になります。こうしたアスレティックトレーナーの資格を手にするには、スポーツの知識が学習できる専門学校などに通うのが現実的です。


アスレティックトレーナーの年収は?

パーソナルトレーナーの初任給は17~20万円で、年収は300~600万円。ジムなどによっては指導人数によって歩合制をとっているところなどもあります。また、パーソナルトレーナーはフリーや派遣で働くことも多い職業です。


アスレティックトレーナーの求められる人物像は?

アスレティックトレーナーでは、臨機応変に対応できる人物や信頼のおける人物が求められます。まず、選手がケガをした際は適切な処理を行わなくてはなりません。しかしケガと言っても切り傷や打撲など種類は様々。どんなケガに遭遇しても臨機応変に対応できる人物が求められます。そして、アスレティックトレーナーは選手の復帰にも関わる仕事。選手が信頼をおける誠実な人物な人物であることも大切です。



この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

アスレティックトレーナーとして将来的に働くことを考えているなら、まずはスポーツ業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにスポーツ業界に入るには専門知識が必須。アスレティックトレーナーとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

スポーツカレッジ

スポーツトレーナー専攻
スポーツマネジメント専攻

関連する職種も確認する

パーソナルトレーナーアスレティックトレーナー