インターンシップ制度

長期インターンシップでプロの世界を学び尽くそう!
プロスポーツの現場が「教室」だ!

ヒューマンアカデミーのインターンシップは「長期間」が特徴。
雰囲気に馴れる。その次の、本格的参加が可能となる「長さ」です。
適性を判断する。本格的スキルを磨く。就職に直結させる......。
様々な魅力を持つインターンシップだから、目標に近づけます!

ドームアスリートハウス(株式会社ドーム)

鈴木 秀紀くん

スポーツトレーナー専攻 鈴木 秀紀くん

トップアスリートがトレーニングに勤しむ。本物の環境だから、より上へ向かえる。

スポーツカレッジだから可能となった理想のインターンシップ先。
最先端の技術を学びたい。そう思ってインターンシップに参加することを決め、同じ参加するならできるだけハイレベルの場所が良いと思い、東京・有明にあるドームアスリートハウスに伺う機会を得ることができました。
 ここはスポーツカレッジで催される特別セミナーのために来校された友岡和彦氏が、ジェネラルマネージャー/パフォーマンスディレクターを務めていらっしゃるということもあり、クライアントはトップクラスのアスリートやオリンピックを目指す学生などが中心。まさに理想的な環境でした。

スポーツ業界への想いが頭から離れなくて進路変更。
 実はぼくはスポーツとは全く関係のない企業に就職していました。しかし、学生時代に経営学部でプロ野球の球団経営などを勉強したこともあり、『スポーツ』への想いが頭から消えませんでした。そこで、意を決してスポーツカレッジに入学することにしたのです。余談ですが、中学時代の同級生がプロ野球選手で、同窓会で会ったときポーツ業界へ進むことを"そそのかして"くれたことも動機のひとつだと言えますが。

現場では不安だらけ。慣れると、今度は疑問が......。
 さて、インターンシップ先では、ぼくはトレーニングのサポートをさせていただきました。コーチと選手の方が来られたらすぐにトレーニングができるように用意をしたり、トレーニングの終わりに合わせプロテインを作るなどの作業を行ったりしていました。傍らでプロコーチの指導法を見たり、リカバリースタッフとの意見交換に耳を傾けたり、書かれたコメントを見たり、まさに現場でしか得られない経験をさせていただくことができました。
 まだぼくが1年生と言うこともあり、現場で飛び交う用語や、何のトレーニングなのかなど、わからないことが多かったのですが、しばらくすると今度は前回とはトレーニングの順番が違うのはなぜか? ウエイトが変わったのはなぜか? といった一歩内容に突っ込んだ疑問を持つようになりました。もちろん、そうした疑問はトレーナーやスタッフの方たちに尋ねて逐一ノートにメモしていきました。

人に感動を与えるプロの選手たち。その傍に自分がいる。そんな夢を実現させたい。
 ぼくは、人前で大きな声が出せるタイプではありませんでした。だからいつも「しっかり挨拶をしなさい」と注意を受けました。カレッジでは講師と学生の関係なので講師は厳しく注意することはありませんが、インターンシップ先はお客様が来られる"現場"ですから、お客様が不快に思われたり、企業イメージを損なうような態度は許されません。「もっとしっかりやろうよ」という励ましを何度もいただきました。
  こうした経験を糧に、近い将来ストレングスの知識を軸に選手を支えられるトレーニングコーチになりたいと思っています。やはり、スポーツって選手が良いパフォーマンスをすれば自分自身もエキサイトできるし、モチベーションも上がります。そんな選手の傍で自分がいるという夢を実現させたいと思っています。

福岡ソフトバンクホークス

プロスポーツ界の頂点とも言えるプロ野球。
しかも6度目の日本一に輝いたホークスでのインターンシップは学生に大人気。
今年も選ばれた学生が春季キャンプに帯同し、日本最高峰のトレーニング現場を体験してきました。

古里 緑さん

アシスタントトレーナー スポーツトレーナー米国大学プログラム専攻
文徳高校出身
古里 緑さん

ホークス初、女性トレーナーを目指す。その第一歩が踏めました。

高校時代から福岡ソフトバンクホークスへインターンシップで行けると知り、入学しました。そして遂にその念願を叶えることができました。
私たちはトレーナーについて、見学をするとともに練習前後のケアとして、ペアストレッチやアイシングなどを行いました。そこで印象に残っているのが、トレーナーが選手の方たちと密接なコミュニケーションを取っていらっしゃる姿です。どんなに素晴らしい技術や知識があっても、選手との信頼関係がなければ活かすことができないのだとわかりました。
プロ選手の方々と接し、本当にその意識の高さを実感しました。そしてそのプロ選手をサポートしているトレーナーという仕事がさらに好きになりました。厳しいと言われるプロの世界だからこそ味わえる喜びや感動の大きさは計り知れないと思います。この貴重な経験で、私も『プロ』トレーナーを目指していきたいという想いを一層強く持つようになりました。

サンフレッチェ広島

Jリーグともヒューマンアカデミーは強く結びついています。
憧れの選手に会える期待もありますが、プロスポーツの研ぎすまされた世界を知り、今まで以上にモチベーションを上げる良い機会にもなっています。

作野 凌 くん

フロント業務 スポーツトレーナー専攻
山口県立岩国工業高校出身
作野 凌くん

いかにスタジアムを満席にするか?
現実のビジネスを垣間見る。

私はプロスポーツチームのフロント業務に関心があり、将来はこうした仕事も視野に入れていきたいと考えています。また、スポーツカレッジ入学前に、サンフレッチェ広島へのインターンシップが可能と聞き、この機会を楽しみにしていました。
インターンシップではチケットの発券、試合前日・当日の準備や進行、後片付けなどを行いました。また、オフィスでのフロント業務をされている社員の方々の姿を見ることもでき、とても勉強になりました。特に、スタジアムを満員にしたいという気持ちで様々な企画を考える姿に「仕事」の重さや魅力が実感できました。同時に、企業で働くビジネスマンとしてのマナーや知識、気配りの重要性も直接、肌で感じ取ることができ、そうしたスキルも在学中から身につけ、社会に出ても恥じないようにしたいと思いました。

ライジング福岡

前田 和佳菜さん

スポーツトレーナー専攻 前田 和佳菜さん

プロチームと部活とでは異次元的に違いました。

地元福岡で唯一のプロバスケットボールチーム、ライジング福岡へアスレティックトレーナーのアシスタントとしてインターンシップに伺う機会を得ました。
現場はとても張り詰めた空気のなかで、練習や試合が行われていました。そうした中で、チームのトレーナーは選手たちに気遣い、コミュニケーションをとっている姿がとても印象的でした。私は、その傍らでアイシングを行うなどアシスタントとして手伝いました。それらは事前に練習していたのでスムーズにこなせました。また、私のほかにスポーツカレッジから学生がインターンシップに参加し、ハーフタイムショー企画などに関わるなど、いろいろな面で学びのチャンスをいただいていたようです。
トレーナーは選手の体を気遣うことはもちろん、選手とコーチの架け橋的な存在であることも間近に見ることができ、チーム全体の接し方なども体験的に学ぶことができ、非常に有益な経験となりました。近い将来、私はアメリカに留学し、NATA-ATC取得後、夢は大きくNBAでアスレティックトレーナーとして活躍したいと思っています。

東京ガス ラグビー部

吉野 拓海くん

スポーツトレーナー専攻 吉野 拓海くん

自分のできる点、できない点が理解できました。

インターンシップのメリットは、普段の授業だけでは得られないことをたくさん見て触れて感じて、自分のモノとして習得できる点が挙げられます。また、今まで学校で習ってきたことを実践し、できている点とできていない点がよくわかるので、スゴく勉強になると思います。ぼくは、東京ガスのラグビー部にお伺いしたのですが、たとえばストレッチは授業で学んだこと全般が役立ちました。逆にわからなかったのが、トレーナーの立ち位置。自分はチームに対してどういう立場で選手やスタッフと関わればいいのかは教室ではわかりません。ですから、現場に出て肌で感じ取る必要があり、それが学べよかったと思います。
インターンシップで関われたのはヘッドトレーナーのサポート程度ですが、実際にその場の雰囲気を直接肌で感じられたことは、どんな授業でも得られないことばかりだったと思います。
将来は、この経験を活かして世界に通用するようなトレーナーになりたいと思っています。できればその夢を果たすべく、留学も視野に入れようと考えているところです。

松尾整形外科リハビリテーションクリニック

長谷川 槙さん

スポーツトレーナー専攻 長谷川 槙さん

トレーナーとして学んだ知識を医療・福祉に活かしたい。

私は整形外科など医療や福祉系の分野で働きたいと考えていましたので、インターンシップ先はそうした病院などを探していました。そしてここに伺うことができ、患者さんのトレーニングやデイサービスに携わることができました。授業で習った解剖学などの知識が現場で活かせたほか、学んだ基礎的な部分も役立ち、日頃の勉強の大切さを実感することもできました。また、取得したNSCA-CPT資格などの知識も、高齢者のトレーニングで役立てることができました。一方、現場で得たこととしてと考えていましたので、インターンシップ先はそうした病院などを探していました。そしてここに伺うことができ、患者さんのトレーニングやデイサービスに携わることができました。授業で習った解剖学などの知識が現場で活かせたほか、学んだ基礎的な部分も役立ち、日頃の勉強の大切さを実感することもできました。また、取得したNSCA-CPT資格などの知識も、高齢者のトレーニングで役立てることができました。一方、現場で得たこととしては、「患者さんのためになりたい」という思いをいっそう強く持つことができました。
そうした経験があった結果、私は整形外科系のクリニックから内定をいただくことができました。面接では自信がなかったのですが今までの経験を評価していただき、内定が獲得できたのだと思います。就職後は、トレーニングを提供するうえで、基礎となる知識に加え、トレーナーならではの技術をプラスして、患者さんから「楽になった」などと言っていただけるよう頑張りたいと思います。

FCバルセロナスクール福岡校

坂口 瑞基くん

スポーツトレーナー専攻 坂口 瑞基くん

学ぶこと、活かせることの経験が多くできました。

子どもたちに、サッカーで有名なFCバルセロナのメソッドに基づいた練習の指導を行いました。コーチ兼トレーナーとして練習場の準備や片付け、実際の指導のアシスタントなど、いろいろなことを経験してきました。ぼく自身サッカーの経験があり、将来は学校の教師として部活の指導をしていきたいと思っているので、このインターンシップは今後にきっと活きてくる経験だと思っています。
まず、子どもたちとの接し方が学べましたし、メインコーチの指導方法も勉強になりました。役立ったのが傷害やテーピングの知識です。実際に練習でケガをする子どもたちもおり、対応やリハビリを実際に担当し、そこでの判断力なども磨くことができました。そのほか、目上の人との接し方や、限られた時間の中でどうやったら質の高い指導ができるのかなども経験的に学ぶことができ、得るものの多いインターンシップとなりました。余談ですが、コーチがスペインの方でしたので、少しスペイン語も勉強できました!

インターンシップのメリット

夢への最短ルール!

point

インターンシップ先にそのまま採用されるケースが多い!

point

就職後の理想と現実のギャップを埋めることができる!

point

実践力の証明として履歴書に書くことができる!

主なインターンシップ先企業(〜2012年度実績) ※一部抜粋・順不同

企業名 インターンシップ内容
福岡ソフトバンクホークス株式会社 キャンプ帯同
株式会社サンフレッチェ広島 トレーナー補助
アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ トレーナー補助
ヒューマンスポーツエンタテインメント株式会社(大阪エヴェッサ) トレーナー補助
株式会社名古屋グランパスエイト(ジュニア・ユース) トレーナー補助
浦安スポーツネットワーク株式会社(バルドラール浦安フットボールサラ) フットサル大会運営
日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBMビッグブルー) トレーナー補助
株式会社サガン・ドリームス(サガン鳥栖) 広報スタッフ助手
ケーズコンディショニングルーム トレーナー補助
ベストコンディションジム トレーナー補助
株式会社Amazing Sports Lab Japan 少年サッカーのトレーナー
財団法人ACミランサッカースクール愛知 サッカースクール運営
CAOSフットサルスクール コーチのアシスタント
世界体操東京2011 トレーナー補助
福岡プロバスケットボールクラブ株式会社(ライジング福岡) プロテストサポート
福岡J・アンクラス サッカー試合運営
ザ・バートンコーポレーション株式会社  プロモーション活動補助
株式会社クリエイトアソシエイツ 販売補助
関西大学バスケットボール部 トレーナー補助
株式会社アスリートクラブ(ロアッソ熊本) 運営業務全般
株式会社ガーディアンシップ スポーツマネジメント運営業務
株式会社ギラヴァンツ北九州(ギラヴァンツ北九州) サッカーフロント業務
健寿株式会社 トレーナー補助
株式会社フロムワン(キャプテン翼スタジアム) 施設運営スタッフ
株式会社センチュリースポーツクラブ インストラクター
株式会社グローバルスポーツ医学研究所 マッサージ補助
NPO法人アミティエスポーツクラブ トレーナー補助
医療法人敬善会前田メディカルクリニック 助手
財団法人YMCA同盟 幼児体育コーチ
他多数

インターンシップの流れ

STEP
1

企業からインターンシップ受け入れの連絡

STEP
2

学生に内容を伝達

STEP
3

希望学生の募集

STEP
4

学生の選考
出席状況・成績・技術などの諸条件を満たしているかを、
専任のスタッフが判断します。

STEP
5

書類手続き

STEP
6

企業選考面接、筆記試験などを経て決定します。

STEP
7

インターンシップ参加
毎日インターンシップ日誌を提出。
企業の担当者からもコメントをいただきます。

※ 各校舎・企業によってインターンシップの流れが異なります。