Message高校1・2年生の方へ

やりたい事がわからない。高校生へ。

高2の進路選び

高2のための特待生制度
やりたいことがわからない。のは当たり前!?
高校生の進路への悩み・相談はヒューマンアカデミーにも多く寄せられます。やりたいことがわからない。という所まで考えている事が進路選びにとっては大切な一歩です。
ヒューマンアカデミーでは「セルフィング」という自己実現のためのメソッドが用意されています。自分のやりたいこと・向いていることを専門職員が一緒に紐解き・見つけていく作業です。 「やりたいことがわからない。」そんな高校生がしっかりと目標を見つけられるヒューマンアカデミーのメソッドを体験してみてください。
きっと自分の知らない新たな発見がヒューマンアカデミーで見つかると思います。

▶学校見学・相談はこちら

高2の進路決定時期

高校2年生のための特待生制度

特待生制度

「特待生制度」とは、本学園で学ぶことを強く希望し、将来性、人物像、技能、意欲などにおいて卒業後、その専門分野での活躍が期待される学生に対して、授業料を減免し、学業を奨励する制度です。


POINT①学費 最大50万免除

POINT②AO入試の面接免除

POINT③入学前特別授業参加


2019年4月 総合学園ヒューマンアカデミーに入学を希望される方に将来を応援する学費全額、または一部免除のサポートをさせて頂きます。

  • Sランク授業料+選考料免除
  • Aランク入学金+選考料免除
  • Bランク授業料+選考料免除
  • Cランク授業料+選考料免除

経験者は語る。「先輩の声」

高校在学中からプログラムにチャレンジした先輩の感想。「将来、自分が目指す方向」を早くから把握することができています。

声優宇佐美 琴子さん

高校在学中から専門的なことを学べる点が嬉しいです。手軽に通えるので気に入っています。学習量も適量です。クラスはみんな仲良くほんわかしていますが、真剣に夢を追っているので適度の緊張感もあります。入学を迷っている人、大丈夫ですよ。友だちは絶対できるし、技術も身につきます。心配しないで入ってきてください!


マンガ宇佐美 琴子さん

基礎のアタリや体の組み立て、バランスがうまくいかず悩んでいた時に、気軽に教えていただけ、納得がいくまで質問できたので、壁を越えることができました。基礎ができている人も、意見を聞くことで成長できるのでオススメです。イチオシのポイントはやはり直接質問ができたり、アドバイスがいただけたりする点です。


ネイル日高 実咲さん

将来の夢は漠然としていましたが、元々ネイルが大好きだったので、高校在学中にネイルを学ぶことで進路の参考にもなると思い、入学しました。毎回大好きなネイルについて学べるのでとっても楽しいですし、知識や技術がついて目標が定まってきたように思います。


スポーツ松田 美幸さん

トレーナー業界を詳しく知りたいと思い入学しました。授業では、選手やトレーナーから、現場のことを学び、より一層トレーナーになりたいという想いが強まりました。トレーニングの意味を考えながらすることによって試合でのパフォーマンスを上げることができました。

キャリア教育プログラムを受けるには?

特待生お申込みまでの流れ

step01
学校見学

まずは学校説明をしてヒューマンアカデミーを知ってください。

step02
体験参加

先生の授業を受けて学校の雰囲気を知ってください。

step03
特待生申込

学校に来た時に申込書を配布。記入・提出をします。

step04
面談・ランク決定

申込み順に面談をします。SS特待生~B特待生の選抜をします。

step05
認定証を発行

特待生としての照明となる認定証をお届けします。

選考資格
●2019年4月に本学園に入学をする者
●特待生予約受付期間に、所定の特待生予約申込書にて申込みを行った者

●申込みには必ず「学校見学・体験参加」が必須となります。
お申込み受付期間
前期 後期
2018年 2018年
1月22日~
3月31日
4月1日~
4月30日

※特待生が所定の定員に満たない場合に限り、追加で募集します。

7つの教育プログラム
プログラム1
自分の興味・関心のルーツを知ろう!
プログラム2
自分が目指す「なりたい自分」を
明確にしよう!
プログラム3
自分が目指す業界について
詳しく研究しよう!
プログラム4
自分が目指す業界を体感してみよう!
プログラム5
業界を目指すための
学校を調べてみよう!
プログラム6
キャリア課題に
チャレンジしてみよう!
プログラム7
なりたい自分をプレゼンしてみよう!

セルフィングノート

セルフィングノートは、あなた自身が「なりたい自分」になるためのヒントを書きとめていくノートです。これまでの自分、目標をもった時の気持ち、なぜそうなりたいのか、そして、「なりたい自分になる」ためには何をすれば良いのか。ノートの一つひとつの項目は、「なりたい自分」と「なるための方法」を、あなた自身が考え、見つけてもらうことを目的としています。