ニュース&トピックス

マンガ(漫画)の描き方 デジタル漫画で表現するメリットと慣れるコツ

  

M0503.jpg

漫画といえば、紙とペンで描くのが基本ですが、最近はデジタルソフトを使う方も増えています。もちろんプロの作家でも導入している方が多いようです。デジタルで漫画を描くメリットとはどんなものでしょうか? 慣れるコツも併せてお伝えいたします。

デジタルで描くメリットはスピードアップ

デジタルで漫画を描く利点は作業効率が上がり、スピードも格段に上がること。特に時間がかかるトーン貼りといった背景処理などでは、その便利さを実感できるはずです。まだ駆け出しの頃は、すべて自分でやらなくてはいけません。そんな時にトーンなどの処理をデジタル化すれば、時間短縮になって描ける枚数が増えるというわけです。

また、修正がしやすいのもデジタルの魅力です。紙とペンでは、描いたものが台無しにならないように、慎重に作業します。しかしデジタルだとやり直しがきくので、大幅な直しもためらうことなくできます。

そして、ネームをかけて下絵までの作業が簡略化される点も魅力。ネームづくりもデジタルで行えば、下絵に反映させるまでの作業が早くなります。最初からセリフも、指定のフォントを使っておけば誤植ミスが少なくなるので印刷トラブルも防げます。

慣れるまでの心理ハードルをどう乗り越えるか?

いいことばかりではありません。デジタルで漫画を書くには困難さもつきまといます。

一番のハードルは「慣れるまでに時間がかかる」こと。デジタルは便利ですが、ソフトを使いこなすまでにはやはり時間がかかります。それを苦だと感じるタイプの方には、デジタルで漫画を描くことは難しいかもしれません。

デジタル漫画制作に必須のペンタブレットの操作も、同じく慣れが必要です。タブレットもアナログのペンとほとんど変わらない質感ではありますが、同じような感覚で描けるまでにはどうしても訓練が必要になります。

こうした問題は少しずつ操作に慣れていくしかありません。最初から頑張りすぎて途中で投げ出してしまうと、もう一度取り組もうと思った時にトラウマになってしまいます。マイペースに続けていくことが使いこなすコツです。

使いこなせれば最強のデジタル漫画

手書きからデジタルへの移行は、やはり「いつもと違う」違和感をどう乗り越えるかが苦労する部分です。しかしいったん導入すれば、一人でできることが格段に増えて、生み出す作品数が増えることが実感できると思います。最初から完璧を目指さずにコツコツと取り組んでいけば、いつの間にか使いこなせているものです。

デジタル漫画によるメリットはとても大きいので、まずは一度無料のソフトや、有料ソフトの無料体験版などで試してみてはいかがでしょうか。

【無料 資料請求】最短2日でお届け!まずはパンフレットを取り寄せよう!

【無料 学校見学】随時開催中!学校見学はこちらからお申込みできます!

【無料 体験授業】オープンキャンパス!体験授業はこちらから申込できます!

©2017 Human Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.

Topに戻るTop