マンガ編集者の仕事を知ろう!

マンガ編集者のお仕事紹介

マンガ編集者は、出版社とマンガ家のパイプ役となる重要な仕事です。さらに、読者の目線から考え、客観的にアドバイスができる、漫画家にとっては大切なパートナー。有名なマンガ家の影にはマンガ編集者の努力も少なからずあるのです。そんなマンガ編集者ですが、具体的にはどのような仕事を行い、どのようなスキルが必要な仕事なのでしょうか。


マンガ編集者とは?

マンガ編集者は、編集者とマンガ家の間に立ち、マンガ家をサポートする、マンガ家にとってのパートナー的な仕事です。
まず、マンガ家と打ち合わせを行い、マンガの構想を一緒に練ることからはじめます。また、マンガに必要な資料集めや、できあがったマンガの校正やチェックもマンガ編集者の仕事。具体的には簡単な下書きのチェック、文字のチェック、全体のバランス、字体を何にするかなどの仕事を行っていきます。ときには、担当するマンガ家の精神的なケアなどを行うことも。マンガ家の助手とは違い、マンガ家を総合的に支える重要な仕事なのです。
さらにマンガ編集者として実力が認められるようになると、マンガの企画や優れた新人を探すための企画などを任されるようになります。


マンガ編集者になるには?(必要な資格・スキル)

マンガ編集者になるには、出版社や編集プロダクションに採用されて仕事につくのが一般的です。こうした働き先では、文系の大学やマンガ系の専門学校卒業者が多く働いています。
マンガ編集者になるためには、特に資格は必要ありません。しかし、マンガ家の作ったマンガを校正・チェックするという立場上基本的なマンガの知識は身につけておきたいものです。こうしたマンガの総合的な知識をつけるには、専門学校などでひととおりマンガに関する知識を蓄えておくと良いでしょう。


マンガ編集者の年収は?

マンガ編集者の初任給は20~30万円で、年収は300~500万円。一般的に、編集プロダクションよりも、出版社勤めの方が、年収が高い傾向にあります。さらに有名な出版社で長年勤め上げると年収1000万円を超えることも。他業種と比べても、より安定しており、高収入も期待できる職種だということが分かります。


マンガ編集者の求められる人物像は?

マンガ編集者が担当するマンガ家のジャンルは決まっている訳ではありません。場合によっては、さまざまなジャンルに携わることもある仕事です。そのため、さまざまなジャンルのことについて知っておくもしくは、調べる必要があります。どんなジャンルの担当になっても、責任をもって仕事ができるアンテナの広い人物と、疑問に思ったことなどをとことん追求できる人物がマンガ編集者には求められます。


この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

アニメーターとして将来的に働くことを考えているなら、まずはアニメ業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにアニメ業界に入るには専門知識が必須。アニメーターとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

マンガ・イラストカレッジ

コミックイラスト専攻

ゲームカレッジ

アニメーション専攻

関連する職種も確認する

マンガ家マンガ家 アシスタントマンガ原作者イラストレーターCGデザイナーアニメーター

コース一覧

校舎紹介

ヒューマンアカデミーfacebookページ