マンガ家アシスタントの仕事を知ろう!

マンガ家アシスタントのお仕事紹介

「ONE PIECE」で知られる尾田栄一郎氏や「金色のガッシュ!!」で知られる雷句誠氏などマンガ家アシスタントを経て有名になったマンガ家は数多くいます。マンガ家の夢を実現するためにも、実際にプロのマンガ家の下でアシスタントとして働く経験は貴重です。実際に、マンガ家アシスタントとなったらどのような仕事を行うのかチェックしてみましょう。


マンガ家アシスタントとは?

マンガ家アシスタントは、簡単にまとめるとマンガ家の補助をするお仕事です。主に、マンガ家が構成やキャラクターを描いた下書き状態の原画を受け取り、背景や効果線などをつけたして仕上げていきます。マンガ家やアシスタントの能力によっては、任される仕事も異なり、より高度な腕が試されるペン入れやパソコンでの編集作業などを手掛けることも。また、場合によってはマンガ家の付き人として身の回りの手伝いをすることもあります。


マンガ家アシスタントになるには?(必要な資格・スキル)

マンガ家アシスタントになるには、出版社の紹介の他、マンガ家に直接採用されて仕事につくのが一般的です。こうした働き先では、美術大や漫画などの専門学校卒業者が多く働いています。また安定した収入のために、プロのマンガ家がアシスタントとして働くことも少なくありません。

マンガ家アシスタントになるために必要な資格はありませんが、採用のではほとんどの場合、画力を見られます。実際のマンガ制作において、アシスタントが作画した背景などをそのまま使用することなどを想定するからです。自分の描いたものに自信がないのであれば、とにかくひたすら作画してスキルを磨く必要があります。デッサンの基礎などが学習できる専門学校などでの学習はマンガ制作の流れもつかめ、効率は良いでしょう。


マンガ家アシスタントの年収は?

マンガ家アシスタントは、マンガ家によって勤務形態が異なるため一概には言えませんが、平均すると日額5000~15000円が相場になります。年収にすると100~400万円です。マンガ家の知名度によっては、平均年収を大きく上回る場合もあります。


マンガ家アシスタントの求められる人物像は?

マンガ家アシスタントに求められるのは、まず向上心です。ほとんどマンガ家としての経験がない状態から、マンガ家アシスタントになるケースは少なくありません。あまり経験がない状態からでも、いかにしてマンガ家の技術を吸収し、画力を高めていくか。また、高いクオリティを維持しつつ、いかにスピード感を持って仕事をこなしていくかが、納期の厳しいマンガ家の世界では求められます。一定の画力があることも大切ですが、アシスタントを経てマンガ家として活動していきたいなら、高い向上心を持つことがより重要です。


この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

マンガ家アシスタントとして将来的に働くことを考えているなら、まずは出版業界で経験を積むことが第一歩です。マンガ家アシスタントとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

マンガ・イラスト

マンガ専攻

関連する職種も確認する

マンガ家マンガ家 アシスタントマンガ原作者イラストレーターCGデザイナーアニメーター

コース一覧

校舎紹介

ヒューマンアカデミーfacebookページ