マンガ家の仕事を知ろう!

マンガ家のお仕事紹介

日本の新たな産業として、アニメに次いで海外でも評価されているマンガ。尾田栄一郎氏の『ONE PIECE』や岸本斉史氏の『ナルト』などは海外でも人気の作品です。今後マンガ家は、日本のみならず海外での活躍も期待されています。一般的によく知られるようになった職業ですが、どのような仕事をしているのか、どういったスキルが必要なのかを具体的にみていきましょう。


マンガ家とは?

マンガ家はイラストや文字を用いて、ひとつのストーリーを作り上げていく仕事です。一般的には、大まかなジャンルなど出版社から依頼を受けて作成していきます。そして具体的なストーリーが固まったら、コマ割りなどの構成を考えつつ鉛筆などで下書きをしていきます。ストーリーに至っては、マンガ家が行うこともあれば、原作者が別に設定することも。ある程度の原画が仕上がったら、トーンといわれる背景や効果などを付け加えていき、ペン入れで整えていきます。アシスタントを雇っているマンガ家の場合は、トーンやペン入れなどの作業はアシスタントの作業です。

最近ではインターネットなどの電子媒体での掲載も増えているので、鉛筆やペンを用いたアナログ式の方法ではなく、パソコンで作成することも増えてきました。


マンガ家になるには?(必要な資格・スキル)

マンガ家になるには、広告を募集している企業や出版社に採用されて仕事に就くのが一般的です。ただし、マンガ家は企業に勤めるのではなく、ほとんどのケースが個人事業主として企業などから受注するという形になります。こうした働き先では、マンガ制作の大学や専門学校の卒業者に限らず、プロの漫画家に弟子入りしたり、賞を受賞したりしてプロになるというケースも少なくありません。

マンガ家になるために資格は必要ありませんが、マンガ家としての実践力が必要になってきます。マンガ家になるためのスキルを身に付けるためにも、構成やシナリオ、技法などが学べる学校での学習は効果的です。「マンガ家になりたいけれども、自分のスキルに自信がない」という方は、焦らずにしっかり学習して身に付けてからでも遅くはないでしょう。


マンガ家の収入は?

マンガ家は個人事業主に分類されるため、手腕や知名度によって年収は大きく変わってきます。それはマンガを描いた原稿料だけでなく、印税という特殊な報酬形態で上乗せされていくからです。そのため、年収が100万円に届かないマンガ家もいれば、数億円以上を稼ぐマンガ家もいます。人気を得られれば、高収入を期待することもできるのです。


マンガ家の求められる人物像は?

マンガ家に求められるのは、まずストーリーを生みだせる発想力、そして人々をマンガの世界に引き込むための構成力です。特に、シナリオは原作者が考案する場合もあるので、マンガの構成力が重要となってきます。いくら美麗なイラストを描けたとしても、構成が中途半端であると物語に引き込まれていきません。また、マンガ家の中でも連載などは納期がしっかりと決められている仕事になります。納期までに仕事をこなすための精神力や体力も必要です。


この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

マンガ家として将来的に働くことを考えているなら、経験を積むことが第一歩です。さらに出版業界に入るには専門知識が必須。マンガ家としての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

マンガ・イラスト

マンガ専攻

関連する職種も確認する

マンガ家マンガ家 アシスタントマンガ原作者イラストレーターCGデザイナーアニメーター

コース一覧

校舎紹介

ヒューマンアカデミーfacebookページ