イラストレーターの仕事を知ろう!

イラストレーターのお仕事紹介

カタログやポスターなど、様々な分野で活躍するイラストレーター。はっきりとした作画でビジネス書などでもよく使われている岡田丈氏や、ロゴなどでよく見かけるちびキャラが特徴的なPanson Worksはイラストレーター業界でも有名です。このように、イラストレーターは自分の描いたものがそのまま世の中に送り出されるという点でやりがいのある仕事です。実際イラストレーターとなったらどのように仕事を行っていくのか、どういったスキルが必要になるのかみていきましょう。


イラストレーターとは?

イラストレーターは、独特な作風で企業に取り上げられることもありますが、基本的にはクライアントの要望に沿ってイラストを描く仕事です。まずは、どのような印刷物に掲載し、どういうイメージで描くのかというクライアントとの打ち合わせから始まります。打ち合わせの後は、サンプルの制作、本制作など段階を踏んでいきます。サンプル・本制作では、なかなかクライアントとのイメージと合致しないという理由で修正を行うことも。クライアントの納得のいく成果物ができてはじめて、世の中に発信されていくのです。


イラストレーターになるには?(必要な資格・スキル)

イラストレーターになるには、広告代理店や企業の広告部、デザイン事務所などに採用されて仕事に就くのが一般的です。こうした働き先では、美術大学やデザイン系の専門学校卒業者が多く働いています。中には、企業から独立してフリーでイラストレーターとして活動しているケースも少なくありません。 イラストレーターになるために必要な資格はありませんが、基本的なデッサン力などは身につけておきたいものです。また、近年ではWeb上でのイラストも増加しているので、PhotoshopやIllustratorなどパソコン上で処理するための編集ソフトの知識や資格を持っていると、就職の際にアピールすることができます。


イラストレーターの年収は?

イラストレーターの初任給は15~25万円で、年収は300~500万円。フリーで働く場合の原稿1枚の相場は5千~1万円ほどです。会社に勤めているほうが安定して給与を受け取れるという面から、社員で一定の経験を積んだ後に、フリーになるイラストレーターも少なくありません。


イラストレーターの求められる人物像は?

イラストレーターは、クライアントの要望を汲んでイラストを作成する仕事です。ケースによっては独特な画風を評価されることもありますが、基本的には相手の意図を汲み取ってイラストとして仕上げていかなくてはなりません。そのためクライアントとコミュニケーションを図る力は必須ですし、意図を明確に読み取る能力が求められます。はじめのうちはなかなか難しい部分もあるかもしれませんが、経験を積むことによってある程度鍛えていくことは可能です。


この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

イラストレーターとして将来的に働くことを考えているなら、まずはゲームや出版業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにゲーム・出版業界に入るには専門知識が必須。イラストレーターとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

マンガ・イラスト

コミックイラスト専攻

関連する職種も確認する

マンガ家マンガ家 アシスタントマンガ原作者イラストレーターCGデザイナーアニメーター

コース一覧

校舎紹介

ヒューマンアカデミーfacebookページ