キャラクターデザイナーの仕事を知ろう!

キャラクターデザイナーのお仕事紹介

コミックイラスト専攻で目指せる職種の中に、キャラクターデザイナーという職種があります。卒業後は3DCGなどを駆使するゲームのキャラクターデザインとは違った、アニメやイメージキャラクターのデザインが予想される業種ですが、具体的にどのような仕事を行っていくのでしょうか。


キャラクターデザイナーとは?

キャラクターデザイナーは、文字通りキャラクターのデザインを担う仕事です。コミックイラスト専攻の場合、ゲームのキャラクターデザインというよりは、特にアニメや企業などのイメージキャラクターのデザインが予想されます。
まず、アニメでもイメージキャラクターでも同様に言えることは、クライアントの求めているキャラクターをデザインできるかということです。アニメであれば世界観を、イメージキャラクターであれば企業のコンセプトなどをしっかり検証してデザインを行っていかなければなりません。
デザインは基本的にデッサンや専用のソフトを使った作業。イラストを作成する際は、さまざまな場面を予想して、さまざまな角度や表情で複数のイラストを作成し提案していきます。


キャラクターデザイナーになるには?(必要な資格・スキル)

キャラクターデザイナーになるには、デザイン事務所や玩具メーカーなどに採用されて仕事につくのが一般的です。こうした働き先では、デザイン系の大学や専門学校卒業者が多く働いています。
キャラクターデザイナーになるのに必要な資格は特にありません。しかし、キャラクターをデザインする中で、ある程度のデッサン力は必要になってきます。また、近年では専用のソフトを使ってキャラクターをデザインすることも増えてきました。特に業界で多く使用されているのはイラスト系ソフトのIllustrator や画像編集ソフトのPhotoshop。できれば、こうしたソフトの使用方法や実践方法は身につけておきたいところです。


キャラクターデザイナーの年収は?

キャラクターデザイナーの初任給は16~20万円で、年収は320~450万円。携わる業界によっても若干年収が変わり、アニメ業界などよりも、メーカー系の方が年収は高い傾向にあります。


キャラクターデザイナーの求められる人物像は?

キャラクターデザイナーは、コンセプトや世界観に合ったキャラクターをつくりあげる仕事です。そのため、発想力や豊かな想像力が求められます。
また、キャラクターはそのまま取り上げられるのではなく、アニメであれば制作スタッフ、企業であれば制作チームで一丸となって作り上げていくのがほとんど。チーム内でのコミュニケーション能力はもちろんのこと、作品にそぐわない点がすぐに対応できる柔軟性も求められます。


この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

アニメーターとして将来的に働くことを考えているなら、まずはアニメ業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにアニメ業界に入るには専門知識が必須。アニメーターとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

マンガ・イラストカレッジ

コミックイラスト専攻

ゲームカレッジ

アニメーション専攻

関連する職種も確認する

マンガ家マンガ家 アシスタントマンガ原作者イラストレーターCGデザイナーアニメーター

コース一覧

校舎紹介

ヒューマンアカデミーfacebookページ