CGデザイナーの仕事を知ろう!

CGデザイナーのお仕事紹介

コンピュータを用いてグラフィックを作成するCGデザイナーの仕事はさまざま。SFやアクション映画をはじめ、ゲームや建設における設計図にいたるまで、精巧なグラフィックの多くは、CGデザイナーが手掛けています。実際に制作はどのように行われるのか、どのようなスキルが必要になるのかチェックしてみましょう。


CGデザイナーとは?

CGデザイナーとは、映像やアニメ、設計図などを3次元に起こしていく職業のことです。まずは、物体の形状を組み立てるモデリングという作業を行っていきます。モデリングには、多角形を組み合わせたポリゴンモデリング、曲面を組み合わせた曲面モデリング、粘土のように組み立てるスカルプトモデリングがあり、モデリングだけでも繊細で技術を要する作業です。そしてモデリングしたものに色付けや効果、光の当たり具合などを調整してCGグラフィックへと仕上げていきます。2次元のデザインと比べて、CGグラフィックは様々な角度から仕上げていかなくてはなりません。そのため、作業にはより多くの時間が必要になります。


CGデザイナーになるには?(必要な資格・スキル)

CGデザイナーになるには、CGや映画、もしくはゲームやアニメの制作会社に採用されて仕事に就くのが一般的です。こうした働き先では、美術大学やCGデザイン関連が設置されている専門学校卒業者が多く働いています。 CGデザイナーになるにあたって特別な資格は必要ありませんが、CGグラフィックの基礎を理解している必要があります。CGが扱えるというスキルを証明するためにも、専門学校等を卒業している方が就職には有利です。また、文部科学省が認定している資格としてCG-ARTS協会主催のCGクリエイター検定やCGエンジニア検定というものもあるので、積極的に取得するのも良いでしょう。


CGデザイナーの年収は?

CGデザイナーの初任給は、20~30万円で、年収は300~1000万円。需要の高い職種であるため、大企業などに入社すると一般職よりも年収は高い傾向に。中には環境さえ整っていれば自宅でもCGグラフィックを作成することができるため、フリーランスで1000万円の年収を稼ぐケースもあります。


CGデザイナーの求められる人物像は?

CGデザイナーで求められるのは、向上心があり繊細な作業をこなせる体力のある人物です。まず、CGの世界は技術力が試される世界。高度なCGを制作するには、高い向上心を持って取り組む必要があります。また、CG1つを制作するには細かな部分に注意しなくてはなりませんし、それなりの時間も必要です。そのため、CG制作をやり遂げられる、体力や精神力を持った人物が求められています。


この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

CGデザイナーとして将来的に働くことを考えているなら、まずはゲーム・出版業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにゲーム・出版業界に入るには専門知識が必須。CGデザイナーとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

マンガ・イラスト

コミックイラスト専攻

関連する職種も確認する

マンガ家マンガ家 アシスタントマンガ原作者イラストレーターCGデザイナーアニメーター

コース一覧

校舎紹介

ヒューマンアカデミーfacebookページ