イラストレーターに役立つ技術

最先端の技術を取り込み、
就職(夢実現)にこだわったカリキュラムが学生を変える。

観察力

どんな形か、大きさか、どの位置にあるのか、、などモデル・サンプル・対象物をしっかりと見る事が必要です。自分の作品を描くにも観察力がないと、どこを直していけば良いかわかりませんので、観察力によって、いろんなものが見えてきます、とても大事です。

3DCG

立体作品で、作品そのものとして使ったり、イラストと組み合わせる素材として使ったり、イラストを描くテンプレとして使ったり、応用することがでぎます。

色彩心理学

色彩の違いからくる強弱や、配色組合せによって人の心に訴えます表現心理効果が変わってきます。色の持っている意味を考え、使い分けることによって、巧みに人の心に伝えて行けますようにしたいです。

デッサン

スケッチ、クロッキーなどイラストに限らず、すべてのクリエイティブな作業に必要な基礎模写をたくさん重ねることで、描写力を修得します。特にデッサンで形態、陰影、量感をトレーニングします。

印刷技術知識

オフセットやオンデマンドなど現在の印刷方式を学修して、商業印刷物から同人誌印刷方法まで、あらゆる印刷知識や実践に精通していますことが、イラストを描く上で仕事打ち合わせに役立ちます。

著作権などの知識

著作物とは、思想または感情を創作的に表現したものであって、美術、絵画・版画・彫刻その他の美術の著作物など、他人の著作物を利用しようとする者は著作権者の許諾を受けなければならず、無断で利用するときは著作権の侵害となり、罰則の適用を受けるほか、著作権者から差止請求や損害賠償請求を受けることになる。

Illustrator、Photoshop

業界標準の描画ソフトです。この内、どちらかを使いこなせるようになることがイラスト会社就職のほぼ必須条件と言えます。また両方使えるようになればさらに就職しやすくなります。

納品方法データ形式

イラスト仕事で・・大事なのは、作成データをどんな仕様でメール送れば良いか、担当者に確認する事が大事になります。

コミュニケーション力

仕事のギャラにつきましては、出版社からの仕事は予算が決まっていますが、広告の場合は、幅がありますので、相手に聞いいて交渉するのが早いです。もしも忙しい時は、仕事の断りも大事です。仕事が立て込んでたらちゃんと断り、その場合は必ず代案を出します、日にち、状況など柔軟性あるコミュ力が重要です。

社会情報

イラストは社会的、公共的なテーマを扱った場合に、特に多くの人の目に触れるため、嘘の情報を載せないよう注意が必要です。そのため、イラストレーターはモノや人物を描く際、書籍、インターネット、あらゆる媒体で情報を集めてから絵を描きます。情報量が武器になります。

デザインセンス

イラストの分野においても、作品の個性存在感が光るのは作家のセンスであります。同じ技術、同じ経歴、同じ知名度のクリエイター二人が作品を作った際に、このセンスを持っている者が多くの人に評価され支持を得ます。

イラスト以外のこと

過去に経験したこと、趣味など、絵に関すること以外の経験や知識も、イラスト作成に役立つものがあります。そして、仕事は健康なればこそ、完全徹夜して注文仕事を上げることもあります、最後は体力勝負です。

©2017 Human Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.

Topに戻るTop