漫画にはどのような賞があるのか

漫画にはどのような賞があるのか

漫画の賞にはさまざまなものがあることをご存知ですか。ここでは、主な出版社が主催している漫画の賞について紹介していきます。


集英社

週刊少年ジャンプで人気の集英社では、手塚、赤塚2大漫画賞など有名な漫画の賞を数多く実施しています。「食戟のソーマ」で人気の附田祐斗先生など、ジャンプ連載作家が毎回審査を行うJUMPトレジャー新人漫画賞は、毎月審査が行われ佳作でWEB公開、準入選で本誌もしくは増刊掲載、入選で掲載と人気誌へ掲載されるチャンスがあります。「ハニーレモンソーダ」の村田真優先生やカナヘイ先生、酒井まゆ先生など連載作家が審査をする、りぼんの新人まんがグランプリや、別冊マーガレットの別マまんがスクールなど幅広い賞があります。


小学館

週刊少年サンデーやちゃおなどで人気の小学館でも多くの賞、コンテストが開催されています。小学館コミック 新人コミック大賞は、児童部門、少年部門、少女・女性部門、青年部門などがあり、新人コミック大賞出身でもある、「名探偵コナン」の青山剛昌先生や、「BE BLUES!」の田中モトユキ先生、「ヒミツのアイちゃん」の花緒莉先生などが審査をしてくれます。 特別大賞を獲得すると賞金500万円など、賞金額が大きい賞としても有名です。他にも、へんなものみっけでお馴染みの早良朋先生も出身のスピリッツ賞が、毎月行われています。


講談社

週刊少年マガジン、なかよし、別冊フレンド、モーニングなどを発行している講談社。漫画家志望の人から注目度が高いのが、週刊少年マガジン新人漫画賞です。毎回特別審査委員長を有名漫画家が担当し、佳作以上を受賞すれば雑誌掲載されます。「ベイビーステップ」で人気の勝木光先生や「RAVE」や「FAIRY TAIL」でお馴染みの真島ヒロ先生も新人漫画賞で入選しています。人気少女漫画誌のなかよしも新人まんが賞を年2回行っており、なかよしで現在活躍している先生たちも多くが新人まんが賞からデビューしています。佳作以上で掲載権を獲得できます。審査員は、「小学生のヒミツ」で人気の中江みかよ先生など、有名な先生が毎回務めます。


スクウェア・エニックス

ゲームでも人気のスクウェア・エニックスは、少年ガンガンやヤングガンガンなどを発行しています。スクウェア・エニックスマンガ大賞を行っていて、「英雄教室」の岸田こあら先生や、「黒執事」の枢やな先生、「賭ケグルイ奴」の斎木桂先生など、多くの有名作家を輩出しています。少年マンガ、ヤングコミック、ファンタジーなど全部で5部門募集していて、特別審査員としてヨシノサツキ先生などが審査を行います。


角川

月間少年エース、ヤングエース、あすか、ガンダムエースなど発行している角川でも漫画新人大賞を開催しています。佳作以上の受賞は即掲載され、担当編集が付きデビューへサポートしてくれます。審査員は、朝霧カフカ先生や三部けい先生、水無月すう先生など人気漫画家が務めます。他にも電撃コミック大賞もあり、最終選考は「LOVELESS」の高河ゆん先生や、「JINKI」」の綱島志朗先生などが務めます。「コーヒーカンタータ」のからあげたろう先生や「BROTHER CONFLICT」の坂本小夜先生なども電源コミック大賞出身です。


多くの漫画の賞がある

今回紹介した賞は、数ある漫画の賞のなかのほんの一部です。他にもYGマンガ賞やクラウン新人漫画賞など、本当に多くの賞があります。各賞により特徴など異なりますが、調べればたくさんのチャンスが存在します。



この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

アニメーターとして将来的に働くことを考えているなら、まずはアニメ業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにアニメ業界に入るには専門知識が必須。アニメーターとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

マンガ・イラストカレッジ

コミックイラスト専攻

ゲームカレッジ

アニメーション専攻

関連する職種も確認する

マンガ家マンガ家 アシスタントマンガ原作者イラストレーターCGデザイナーアニメーター

コース一覧

校舎紹介

ヒューマンアカデミーfacebookページ