漫画原稿用紙の特徴と使い方

漫画原稿用紙の特徴と使い方

漫画には専用の原稿用紙があり、投稿する際や持ち込みの際など、指定の原稿用紙を使わなければルール違反になってしまいます。ルールを知らないと恥ずかしい思いや損をしてしまいますので、漫画原稿用紙の特徴や使い方などについてしっかりと把握しておきましょう。


漫画原稿用紙のサイズ

漫画用の原稿用紙は「投稿用」と「同人誌用」の2種類あります。 投稿用の原稿用紙はB4サイズで、仕上がり線310mm×220mm、内枠270mm×180mmです。同人誌用の原稿用紙はA4サイズとB5サイズがあります。雑誌やコミックなどに掲載される場合に、きれいに見せるために印刷実寸が小さくなっています。紙質は薄いものから厚いものまでありますので、トレースする場合は薄めを選んでください。


原稿用紙にある枠線

一般的な原稿用紙の枠線と、漫画原稿用紙の枠線は違います。漫画原稿用紙には、内枠(基本枠)、仕上がり枠、外枠の3つの枠線が存在します。

内枠
漫画を描くのは基本的に内枠の中になります。内枠の中は、必ず印刷されますので、読者に見てもらいたい絵や読んでもらいたいセリフは、内枠からは絶対にはみだしてはいけません。また、読者に見せたい部分を内枠のギリギリのところに描くと、製本時に見づらくなってしまう可能性がありますので気をつけましょう。

仕上がり枠
原稿用紙の内側から2つ目の枠線のことです。トンボの線上にある枠線で、印刷は仕上がり枠までされることになっていますが、ズレが生じることもあるため、印刷が切れてしまうことも考えられます。迫力あるコマやシーンを描く際は仕上がり枠部分まで絵やセリフを描くことがありますが、線ギリギリの部分に大事な絵やセリフを描いてしまうと、綴じて見えにくかったり切れてしまうこともあります。

外枠
内側から3つ目の枠線のことです。裁ち落としとも言います。製本する際に仕上がり枠を裁断しますが、ズレが生じることもあるため外枠を設け予備範囲を作っています。仕上がり枠から外枠までの範囲を裁ち落とし幅とも呼びます。外枠付近まで描いていないと、製本した際に端に微妙に隙間が生じることがあり、外枠付近まで絵を描くことで、隙間ができずにきれいに仕上がります。このように、隙間を防いだりするために裁ち落とし幅まで描くことを塗り足しと言います。


ノド部分にも注意、切り取って見開きを描こう

製本した際に、本の中央部分(綴じている)は非常に見づらくなります。糊付けやホチキス止めされるため、絵やセリフを描いても見えにくく、大事な絵やセリフを描いていても読者に上手く訴求ができません。 この中央部分をノドと言い、基本的には何も描きません。右ページのノドは左側、左ページのノドは右側になります。そのため見開きを描く際は、ノド部分を切った原稿用紙を2枚繋げて描いたりもします。ノド部分を最初から切っておくことによって、大事なキャラクターの一部やセリフがノドにかかることを防げるためです。せっかく描いたキャラクターやセリフがノド部分にかかっていたら台無しです。十分に注意をしましょう。



この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

アニメーターとして将来的に働くことを考えているなら、まずはアニメ業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにアニメ業界に入るには専門知識が必須。アニメーターとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

マンガ・イラストカレッジ

コミックイラスト専攻

ゲームカレッジ

アニメーション専攻

関連する職種も確認する

マンガ家マンガ家 アシスタントマンガ原作者イラストレーターCGデザイナーアニメーター

コース一覧

校舎紹介

ヒューマンアカデミーfacebookページ