漫画の専門学校の特待生制度について

漫画の専門学校の特待生制度について

漫画の専門学校にはどのような特待生制度があるのでしょうか。気になる学校がある場合は、特待生制度があるかチェックしてみましょう。各学校で減免額や特待生の受け方が異なります。せっかくであれば、減免などを受けられる制度で入学したいですよね。ここでは、漫画の専門学校の特待生制度について解説しています。


特待生制度の内容

多くの専門学校で特待生制度が導入されていますが、漫画の専門学校でも導入している専門学校は少なくありません。ほとんどの学校では、特待生になることで入学金もしくは学費の減免を受けられます。入学金は5〜15万程度、学費は5〜50万程度の減免が一般的ですが、なかには100万円程度減免になる学校もあります。特待生もA〜Dランク、最優秀〜優秀などランク分けされており、ランクによって減免額や特典が異なる仕組みになっています。また特待生制度は、高校生を対象にしている学校が多く、社会人やフリーターなど既卒者向けの制度を設けている学校は限られます。


特待生制度を受けるには

専門学校によって特待生制度を受けるための条件や内容は若干異なりますが、ほとんどの学校では特待生のための試験を受けなければなりません。試験を受けるには、通常のAO入試や推薦入試、一般入試を受験する際に提出する入学願書とは異なる、特待生用の志願書・エントリーなどの書類提出が必要です。書類提出後に面接や作品制作の試験を受けます。あくまで特待生制度を受けられるか否かを目的とした試験のため、入学選考に影響は及ぼしません。 特待生を希望する場合は、8〜10月など、早い時期に受付が行われるのが一般的です。学校によってはオープンキャンパスに一定回数以上参加していなければ申込みできない場合や、高校2年生の時に特待生用の課題を受けていなければ対象にならない場合があります。


留学生向け、在校生向けの特待生制度も

学校によっては、留学生向けの特待生制度を設けている場合や、在校生向けの特待生制度を設けている学校もあります。留学生向けの特待生制度は、10〜20万程度、入学金や学費の減免を受けられる学校や、奨励金を受け取れる学校があります。在校生向けの特待生制度では、1年次の成績や作品、生活態度が優秀であれば2年次の学費などの減免が受けられる制度です。留学生を受け入れることができる、学校は限られていますので、どちらの制度も設けている学校はまだ多くはありません。



この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

アニメーターとして将来的に働くことを考えているなら、まずはアニメ業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにアニメ業界に入るには専門知識が必須。アニメーターとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

マンガ・イラストカレッジ

コミックイラスト専攻

ゲームカレッジ

アニメーション専攻

関連する職種も確認する

マンガ家マンガ家 アシスタントマンガ原作者イラストレーターCGデザイナーアニメーター

コース一覧

校舎紹介

ヒューマンアカデミーfacebookページ