漫画の専門学校に入試はあるのか

漫画の専門学校に入試はあるのか

漫画の専門学校には希望をすれば入学することができるのでしょうか?それとも、入試を受けて合格しないと入学することができないのでしょうか?ここでは、漫画の専門学校への入学方法や入試方法、入試の難易度について解説いたします。


入試はあるのか?

漫画の専門学校に入学したい場合は、入試がほぼ必ずあります。週1日の週末コースや夜間コースであれば、入試なく入学できる場合もありますが、全日制コースであれば他の分野の専門学校同様、漫画の専門学校にも入試があります。専門学校への入学を希望する場合は、入試を避けることはできません。


入試を受けるには?

入試を受けるには、願書などを提出する必要があります。通常、資料請求をし、学校見学や体験授業などに参加したうえで、希望の学校に受験料の手続き、願書提出をおこない入試へと進みます。入試後は、1週間程度で合否結果が出て、合格後は入学金などの手続きを経て入学します。


入試内容と難易度は?

入試内容は専門学校によって異なりますが、「書類選考」「筆記試験」「面接」がある専門学校が多いです。書類選考では、願書書類やデッサンなどの課題によって判断されます。願書書類はキレイに丁寧に書いて期日に遅れないように提出しましょう。デッサンなどの課題は、学校側から指定されたテーマに沿ったものを作成し、画力を見られ点数が付けられます。テーマが分かり次第、すぐに練習をするようにすると良いでしょう。筆記試験では、一般常識問題が出ることが多く、合格ライン以上の点数を取らないと不合格になってしまいます。しかし、あくまで漫画家を目指す専門学校ですので、大学試験のような難易度の高い問題は出題されません。面接は、1対1の面接、もしくは集団面接で、15〜20分程度の質疑応答がある場合が多いです。面接官が、漫画の講師の場合もありますので、専門的な質問をされる可能性もあります。面接では、「学校への志望動機」「漫画業界への志望動機」「なぜ漫画家になりたいのか」などを聞かれることが多いのでしっかりと準備しておきましょう。専門学校の入試で面接はとても重要視されます。「将来 漫画家になりたい」「この専門学校に入学して学んでいきたい」という想いや、協調性や個性を確認します。自分の思いを表現できるように整理しておきましょう。


この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

アニメーターとして将来的に働くことを考えているなら、まずはアニメ業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにアニメ業界に入るには専門知識が必須。アニメーターとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

マンガ・イラストカレッジ

コミックイラスト専攻

ゲームカレッジ

アニメーション専攻

関連する職種も確認する

マンガ家マンガ家 アシスタントマンガ原作者イラストレーターCGデザイナーアニメーター

コース一覧

校舎紹介

ヒューマンアカデミーfacebookページ