漫画の専門学校はどんなカリキュラムなのか

漫画の専門学校はどんなカリキュラムなのか

漫画の専門学校ではどのようなことを学ぶかご存知ですか?漫画家になるために必要な技術を基礎〜応用までみっちりと学んでいきます。ここでは、漫画の専門学校のカリキュラム内容や学校による違いについて解説いたします。


専門学校のカリキュラム内容

漫画の専門学校では、次のようなことを学んでいきます。漫画作品史やデッサン、デジタルコミック、ストーリー構成、人体クロッキー、ネーム実習、模写、漫画概論、色彩学、キャラクターデザイン、背景、作品制作など、漫画家になるための必要な技術を基礎〜応用まで学んでいきます。多くの漫画専門学校がありますが、学ぶ項目に関しては、大きな違いはありません。漫画家になるために必要な知識やスキルがある程度決まっており、授業ではそのことを中心に学んでいくためです。


専門学校による違いはあるのか?

授業の項目などについては大きくは違いはありませんが、何を目的としているか、によって、各学校授業の割合や方向性が違います。画力を上げることを目的としている学校や、持ち込みをして担当付になることを目的としている学校があります。画力を上げることを目的としている学校は、デッサンなどの授業が中心です。作品史や画力に関する授業がメインのため、原稿や作品を作る授業は少なかったりします。持ち込みをして担当付になることを目的としている学校は、作品を作ることを目的としているので、全体的に授業をおこない、作品作りも授業内で指導していきます。これらの違いは、「講師」からきていることも多く、現役の漫画家などが多く講師を務める専門学校は、「作品作り」を目的としている場合が多いようです。


漫画を目指すにはどのようなカリキュラムが良いのか?

一概には言えませんが、多くの実績を出している専門学校のカリキュラムは、「作品作り」を目的としている場合がほとんどです。これは作品を作ることにより、担当付のチャンスが高い「持ち込み」ができるためです。どれだけ画力があっても、作品がないと評価されません。人それぞれ合う合わないあるかもしれませんが、卒業生の実績などを見る限り、「作品作り」に趣きを置いたカリキュラム、学校の方が「持ち込み」が早くできる分、チャンスはあると言えるでしょう。


この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

アニメーターとして将来的に働くことを考えているなら、まずはアニメ業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにアニメ業界に入るには専門知識が必須。アニメーターとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

マンガ・イラストカレッジ

コミックイラスト専攻

ゲームカレッジ

アニメーション専攻

関連する職種も確認する

マンガ家マンガ家 アシスタントマンガ原作者イラストレーターCGデザイナーアニメーター

コース一覧

校舎紹介

ヒューマンアカデミーfacebookページ