漫画の専門学校を経てプロデビューするには

漫画の専門学校を経てプロデビューするには

漫画の専門学校で学んでプロの漫画家としてデビューするにはどうしたら良いのでしょうか?ここでは、プロとしてのデビュー方法や、どんな専門学校であればデビューしやすいかなどについて、解説いたします。


プロとしてデビューできるのか?

専門学校を経てプロの漫画家としてデビューすることはできると思いますか?答えは、多くの専門学校卒業生がプロとしてデビューしています。今では、大人気の漫画でテレビアニメとして放映されていたり、映画にもなっている漫画も専門学校卒業生の作品が多数あります。出版社が直接専門学校に来て作品を見てくれたり、学校独自に持ち込みをやっていたりするので、漫画を描いていくにあたっての技術に加え、個人で到底できない、デビューしやすい環境、チャンスも整っている学校が多いです。他の環境よりもプロとしてデビューできる可能性は高いと言えるでしょう。


漫画家としてデビューする方法とは?

一般的に漫画家としてデビューするには、「担当付」になる必要があります。「担当付」とは出版社の方が付いてくれ、作品を一緒に作っていき、出来た作品を担当が出版社に売り込んでくれます。読み切り掲載や連載へと繋がっていきます。「担当付」になるためには、作品を見て評価してもらわなければいけませんが、作品を見てもらうには出版社に送付する「投稿」か、直接出版社の編集担当に見てもらう「持ち込み」があります。「投稿」は膨大な量が出版社宛に届くので、必ず自分の作品を見てもらえるかは分かりません。「持ち込み」の場合は、目の前で見てくれ、修正点などもアドバイスしてくれますので、その場で、担当付が決まることも少なくありません。個人では持ち込みすることは、なかなか難しいですが、多くの専門学校では持ち込みができる環境を作っています。


どんな専門学校がプロデビューしやすいか?

プロデビューしやすい専門学校とはどんな学校なのでしょうか?先述したように、デビューするには、まず「担当付」になること。そのためには、多くの出版社に「持ち込み」をすること。「持ち込み」をするには、「作品」を作ることが必要です。漫画家としてプロデビューする可能性を上げるには、「作品を作れるカリキュラム」や「持ち込みが多い」環境が整っている専門学校で学ぶことが良いと言えるでしょう。ぜひ、学校選びの参考にしてみてください。


この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

アニメーターとして将来的に働くことを考えているなら、まずはアニメ業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにアニメ業界に入るには専門知識が必須。アニメーターとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

マンガ・イラストカレッジ

コミックイラスト専攻

ゲームカレッジ

アニメーション専攻

関連する職種も確認する

マンガ家マンガ家 アシスタントマンガ原作者イラストレーターCGデザイナーアニメーター

コース一覧

校舎紹介

ヒューマンアカデミーfacebookページ