漫画の専門学校でのあるある体験とは?

漫画の専門学校でのあるある体験とは?

漫画の専門学校に入学するとありがちなことはどんなことでしょうか?入学しないと分からないような、あるあるの一部を紹介いたします。専門学校を検討している方は、参考にしてみてください!


芸能やゲームなどに分野にも詳しくなる

漫画の専門学校の多くは、漫画以外にもさまざまな学科を開校しています。特に多いのが、漫画とリンクする分野である芸能やゲームです。漫画のことにさらに詳しくなることはもちろん、他学科の芸能コースやゲームコースの学生とも仲良くなるため、タレントや声優、ゲームクリエイター、プログラマーなどの職業にも自ずと詳しくなります。知識として詳しくなるだけでなく、漫画も売れるとアニメ化やゲーム化されますので、将来に向けての人脈作りにもなります。


絵は上手いが漫画作りが上手くない学生がいる

漫画の専門学校に入学すると、絵は上手い人はたくさんいますが、漫画を描くとあまり上手くないケースが多く見られます。これは、「画力がある=漫画がおもしろい」、わけではないためです。世の中で売れている漫画も「絵はそこまで上手くないのにおもしろい」という作品は数多くあります。画力も必要ですが、絵は上手くても下手だとしても、おもしろく魅力的な漫画を作れるかは、別問題です。魅力的な漫画を作るための画力以外のテクニックや考え方なども専門学校では学んでいきます。


画力に自信を無くす学生がいる

専門学校に入ると、自分の画力に自信を無くす学生もいます。しかし、入学当初の画力に大きな差はなく、在学中にいかに描いたかによって実力はすぐに入れ替わります。画力を上げたい場合は、とにもかくにも描き続けるしかありません。「人より1枚でも多く描けばその人より上達する」など言われるくらい、描けば描くほど上達します。デッサンなどの授業もありますが、授業後や休みの日も空いている時間があれば、練習し続けることが上達への近道です。


途中でイラストコースなどに転科する学生がいる

漫画の専門学校に入学し、途中で漫画コース以外のイラストコースに転科する学生が出てきます。これは、ネガティブな理由で転科するわけではなく、勉強している内に、「イラストレーターの方が向いている」「イラストレーターをやってみたい」と、自分の目標が変わる学生がいるためです。漫画の専門学校には必ずといっていいほど、いくつかのコースがありますので、目標が変わっても学び続けることができます。


この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

アニメーターとして将来的に働くことを考えているなら、まずはアニメ業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにアニメ業界に入るには専門知識が必須。アニメーターとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

マンガ・イラストカレッジ

コミックイラスト専攻

ゲームカレッジ

アニメーション専攻

関連する職種も確認する

マンガ家マンガ家 アシスタントマンガ原作者イラストレーターCGデザイナーアニメーター

コース一覧

校舎紹介

ヒューマンアカデミーfacebookページ