漫画の専門学校の学費はいくらくらいかかるのか?

漫画の専門学校の学費はいくらくらいかかるのか?

漫画家を目指すために、漫画の専門学校に入学する場合、学費はいくらくらいかかるのでしょうか?ここでは、漫画の専門学校の学費相場や、他分野の学校の学費、学費の払い方などについて、解説しています。


漫画の専門学校に入学した場合に学費

漫画の専門学校に入学するとしたら、学費はいくらくらいかかるのでしょうか?通常、専門学校に入学する際には、入学金・学費(授業料)・施設費・諸費用などがかかります。1年目は全ての費用がかかり、2年目は入学金以外の費用が必要です。学校によっては3年制のとこもあり、3年目も2年目同様、入学金以外の費用が必要です。 学校にもよりますが、初年度は概ね約130〜170万程かかります。内訳は、入学金が約15〜30万、学費が約70〜100万、施設費が約20〜30万、諸費用が約20〜30万です。2年目以降はこのうちの入学金以外の費用がかかります。卒業までに300万円程かかる学校も少なくありません。 注意しなければいけないのが、募集要項などに記載してある学費以外にも、入学後にかかる教材費などの費用があることです。最初の学費に含まれていて学費が高い代わりに、入学後に払う費用がほとんどない学校もあれば、最初の学費に含まれておらず、その分、入学後に多くの費用が発生する学校もあります。一概に、募集要項の学費だけで「学費が高い学校」「学費が安い学校」を決めないようにしましょう。


他の分野の専門学校はいくらくらいかかるか?

漫画の学校に限らず、美容やファッション、スポーツやゲーム、芸能、調理など、さまざまな専門学校がありますが、学費はほとんど変わりません。漫画の専門学校と同様に、初年度は概ね130〜170万程かかり、卒業するまでに300万程度かかる学校は少なくありません。


学費はどうやって払っていっているのか?

卒業までに300万近くかかる学校が多いなか、どのようにして学費を払っていっているのでしょうか?現金で払う家庭もありますが、「奨学金」や「教育ローン」を使っている家庭も多いです。特に教育ローンであれば、奨学金のように学校の成績は関係ありません。「日本政策金融公庫」や「銀行」「ろうきん」などで取り扱っており、一括で学費など必要な金額の融資を受けることができます。融資を受けた分は学生本人がアルバイトや仕事をして毎月返していくこともできますので、保護者に負担をかけることなく学校で学ぶことも可能です。さまざまな家庭状況に合わせて教育ローンなどがありますので、資金面に不安がある場合は、1度学校に相談してみましょう。


この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

アニメーターとして将来的に働くことを考えているなら、まずはアニメ業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにアニメ業界に入るには専門知識が必須。アニメーターとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

マンガ・イラストカレッジ

コミックイラスト専攻

ゲームカレッジ

アニメーション専攻

関連する職種も確認する

マンガ家マンガ家 アシスタントマンガ原作者イラストレーターCGデザイナーアニメーター

コース一覧

校舎紹介

ヒューマンアカデミーfacebookページ