上手くなるためのマンガ・イラストの練習方法

上手くなるためのマンガ・イラストの練習方法

マンガやイラストにおいて、実力をつけていくためには日々の練習が欠かせません。例えば、何かしらの高度の技術を教わったからと言ってすぐにできるようになる訳ではないですよね。同じように、技術をものにするには、練習して力をつけることが大切なのです。将来マンガやイラスト関連の仕事を目指す方に向けて、やっておくと良い練習法を紹介します。


上達のコツ!マンガ・イラスト練習方法①

はじめにやっておきたい練習が、曲線の練習。円を書きなさいと言われて、キレイに描くことはできるでしょうか。マンガやイラストにおいて曲線を自由に描くことができるということは、大切なことです。なぜなら、イラストなどでは直線を描くことの方が珍しく、ほとんどが曲線で構成されるため。曲線がキレイに描けないと、いくら他の要素が整っていてもどこかバランスの悪い絵になってしまいます。地味な練習ですが、まずは円を描くということから始めてみましょう。


上達のコツ!マンガ・イラスト練習方法②

マンガやイラスト上達のコツは、模写です。特に好きなキャラクターや好きなマンガ家さんのイラストなどであれば、描く際のモチベーションも上がり、練習に集中しやすくなります。上達の基本は、まず上手い人のまねをしてみることから。マンガであれば、人物の描き方だけでなく、コマふりや吹き出しの場所なども勉強になります。自分の作品としては当然発表してはいけませんが、練習方法としてはおすすめです。練習と言っても何をして良いか分からないという方は、まずは好きな作品を片手に真似ることから始めてみましょう。


上達のコツ!マンガ・イラスト練習方法③

好きなイラストなどの模写になれてきたら、次に行いたいのが写真の模写。写真の方が既にあるイラストよりもよりリアルで、物体の構造などを描く際の参考になります。いくらキャラクターの表情の描き方がうまくても、遠近法などがしっかり描けていないとバランスのおかしいイラストになってしまいます。リアルを描くということは、マンガやイラストのバランスを考えるうえでも大切なことなのです。上達のコツは、例えば5分とあらかじめ時間を設定して模写すること。時間を設定することによって、スピーディーにかつ集中して描く力が身につきます。


上達のコツ!マンガ・イラスト練習方法④

模写することになれてきたら、次に行いたいのが「カバーする」ということです。模写はマンガやイラストをできるだけ似せて描くことですが、カバーするということはマンガのコマふりなどをそのままに、自分の絵で描くということです。カバーを行うことによって、コマの振り方などが学べるほか、自分のイラストに個性があらわれるようになります。独自性をもつことは、マンガ家やイラストを描く職業においては大切なこと。ある程度模写に慣れてきたら、自分の絵で描いてみるということに挑戦してみましょう。


この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

アニメーターとして将来的に働くことを考えているなら、まずはアニメ業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにアニメ業界に入るには専門知識が必須。アニメーターとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

マンガ・イラストカレッジ

コミックイラスト専攻

ゲームカレッジ

アニメーション専攻

関連する職種も確認する

マンガ家マンガ家 アシスタントマンガ原作者イラストレーターCGデザイナーアニメーター

コース一覧

校舎紹介

ヒューマンアカデミーfacebookページ