どうやって作られているの?マンガの作り方をチェック

どうやって作られているの?マンガの作り方をチェック

アニメとはまた一味違う魅力があるマンガ。マンガはそのまま下書きから仕上げが行われるわけではなく、作成の過程では漫画独特の技法が使われることもあります。将来、マンガ制作に関わる仕事に就きたいと考えているなら、マンガ制作について一通りおさえておきましょう。


ストーリーを考える

まず、マンガの制作は漫画のシナリオを考えて行くことからはじまります。特にマンガ家の場合、思いついた漫画のイメージや一コマを簡単にイラストなどとして書き留めて行くことが多いです。そして、思い浮かんだイメージなどをつなぎ合わせて、シナリオの作成を進めていきます。
次に、大体のシナリオが決まったらキャラクターのデザインを考えていきます。シナリオを書く際に、キャラクターごとに自分の中でイメージを固めておくと、キャラクターのデザインも書き留めやすいでしょう。 マンガのシナリオは、マンガの要になる部分です。シナリオ作りに明確な答えはありません。基本的なシナリオの作り方を学んだら、自分にあったスタイルを見つけることが大切です。


ネームによってマンガの流れを描く

ネームとは、いわばマンガにおける設計図のようなもの。コマ割りや人物の表情、セリフなどを簡単に書いていきます。ネームという作業は、マンガの中でも大変な作業です。シナリオを書くのと、実際に漫画に起こしていく作業は全く異なるからです。また、このネームという作業によって、マンガの骨組みができあがっていきます。うまくネームをつくっていくには、自分で思い描いたシーンから描いて行くことが近道です。


原稿の下書き

ネームが完成したら、いよいよマンガを原稿用紙へと起こしていく作業です。まずはコマ割りを行い、鉛筆などで下書きをしてから、輪郭など線の部分をペン入れしていきます。気をつけておきたいのは、基本的に漫画は左から右ページに進むということ。下書きの際も左肩右に描いていきます。


ベタとホワイト

ベタとは、髪の毛などの黒で塗りつぶす部分をインクやマジックなどで塗っていくこと。ホワイトとは、誤ってはみ出た分などの修正です。パソコン上であれば何度も修正可能という面で、基本は手書きでマンガを作成する場合でも、パソコン上に一度原稿をスキャンして、ベタやホワイトを行うことも多くなりました。


トーンと吹き出しの作成

トーンとは、洋服の模様や背景など同じ模様が連続したもののことです。マンガの人物など大まかな部分ができあがったら、仕上げとしてトーンや吹き出しなどの効果を加えていきます。トーンはスクリーントーンという特殊な紙を使って、原稿に移しこんでいく特殊な作業。最近では、ネットやパソコンソフト上で手に入れられるトーンが増えたため、トーンや吹き出し効果などの作業をパソコンソフトで行うこともあります。


この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

アニメーターとして将来的に働くことを考えているなら、まずはアニメ業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。さらにアニメ業界に入るには専門知識が必須。アニメーターとしての専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

マンガ・イラストカレッジ

コミックイラスト専攻

ゲームカレッジ

アニメーション専攻

関連する職種も確認する

マンガ家マンガ家 アシスタントマンガ原作者イラストレーターCGデザイナーアニメーター

コース一覧

校舎紹介

ヒューマンアカデミーfacebookページ