internship長期インターンシップ

憧れの業界をいち早く体験!

マンガやゲーム・アニメ、デザイン会社などで働いて、プロに必要なスキルや心構えを肌で感じる貴重なチャンスです。


仕事ぶりが認められ、
就職やデビューにつながる学生も続々誕生しています。

インターンシップの流れ

STEP 1

企業からインターンシップ受け入れの連絡

STEP 2

学生に内容を伝達

STEP 3

希望学生の募集

STEP 4

学生の選考

STEP 5

書類の手続き

STEP 6

企業選考

STEP 7

インターンシップ参加

STEP 8

インターンシップ評価

学生の7〜8割はそのまま就職!

ゲーム開発会社で仕事を体験し
その会社から内定

株式会社 ハイド

アニメーション専攻
澤田 大樹 くん

ゲーム開発会社のハイドでインターンシップをして、就職が決まりました。一度社会に出て働いたことがあるという社会人経験も評価してもらえたのだと思います。ヒューマンアカデミーでは、とても親切に進路相談に乗ってもらえました。チャンスはいきなりやってくるので、早く準備しておくことが大切。そして行動あるのみです。行動しなければ何も始まらないし、何も変わりませんよ。

ゲーム開発の会社で仕事を経験
そのまま就職が決定

株式会社
スリーリングス

企画・シナリオ専攻
藤田 一鷹 くん

インターンシップで一番感じたのは、チームの連携が重要だということ。1つの作品をチームで開発するためにはコミュニケーションが必須でしたが、授業でチーム制作をしていたため、現場でもスムーズにできました。働きぶりを評価していただき、そのまま就職が決まりました。インターンシップをとおして自分の強みと弱点がわかったので、弱点を克服して、もっとチームや会社の役に立ちたいです。

スマホゲームアプリ会社で
仕様書の作成などを担当

株式会社
OVER FENCE

企画・シナリオ専攻
志村 祐太 くん

スマートフォンゲームアプリの開発を手がける会社で、社内ミーティングに参加させていただいたり、ゲームの仕様書を作成したりしました。ゲーム開発の現場を肌で感じ、自分がプランナーとしてゲーム開発に携わるにあたって、得意な部分と苦手な部分を実感することができました。これからは自分の得意な部分をのばしてオンリーワンを目指し、いつか自分が企画したゲームを世に出したいです。

インターンシップに参加し
ゲーム会社に就職が決定

株式会社
クアドラソフトウェア

プログラム専攻
尾上 司 くん

講師から2週間インターンシップの話をもらって参加し、その会社から内定をいただきました。私は社会人を経験してから、プログラミング初心者で入学しました。チーム制作では自らコードを考え作りたいものをかたちにしていかなければなりません。期限が近づくにつれ、自習や講師への質問も増えました。そんな学習する姿勢が会社にとって欲しいものだったのかなと今は感じています。

ゲーム素材を手がける会社で
エフェクトを制作

株式会社 スパークス

グラフィック専攻
小林 悠 さん

ゲームで使用するグラフィック素材を制作する会社で、エフェクトの制作を担当。授業でやっていたUnityの操作が役に立ちました。より多くの作品を参考にすることで、オリジナリティのある作品を生み出せるのに気づけたのが良かったです。また、何度もトライアンドエラーを繰り返して制作する大切さも学びました。将来はこの経験を活かし、危険を回避できるCGディレクターとして働きたいです。

プロの情熱に触れて
モチベーションアップ!

バニラボ 株式会社

プログラム専攻
前山 弘樹 くん

アプリのイベント更新や不具合の修正などを担当。カレッジで学んだことがベースになりますが、新たに覚える技術や作業も多くありました。プロになってからも向上心をもって、学び続ける姿勢が大切なのだと実感しましたね。効率的に業務を進めて、残業せずに帰宅する人が多かったのも印象的。様々な人たちが、情熱やこだわりをもって作業している現場を経験できて、将来への覚悟が固まりました。

ゲームの企画開発会社で
プロデューサーの補佐役を経験

株式会社 comcept

企画・シナリオ専攻
辻本 徹 くん

僕が働いたのは、CSゲームやスマホアプリなどの企画や開発を手がける会社で、プロデューサーの補佐として、新規タイトル内のイベント考案や書類作成などを行いました。「ゲームが好き」という気持ちを全面に出して働いている皆さんを見て感じたのは、僕たち若い世代にはパッションが欠けているということ。今後は、もっと積極的に、物事に向かっていきたいと思います。

アプリやソフト制作会社で
ゲームやスタンプを担当

株式会社 ドラス

企画・シナリオ専攻
西牟田 章敬 くん

ある人をテーマにしたPR用ゲームやLINEスタンプの企画立案などを行いました。改めて感じたのは、働く時はひとりではないということ。会社という場では会社のために動くものだと気づきました。また、良いものを作るためには自分の妥協や甘えを捨て、「良いものとは何か」「なぜそれが良いのか」を考え続けなければならないと実感しました。あらゆることに通じるので、今後は意識して動きます。

長期インターンシップで
評価されゲーム会社に内定

株式会社 スクライ

プログラム専攻
野田 泰祐 くん

ヒューマンアカデミーで紹介してもらった長期インターンシップを経て、ゲーム会社から内定をいただきました。インターンによって、早い段階で実際の会社の業務を体験できて、授業だけでは得られない知識を蓄えることができたと思います。学校で身につけた知識と経験によって、多少スムーズに業務に入ることができたので、仕事がしやすかったです。ヒューマンアカデミーは、意識の高い人には最適な環境ですよ。

主なインターンシップ先実績

▶ABCジャパン ▶アイラインテクノロジー ▶アクアブルー ▶アクセスゲームズ ▶アクワイア ▶アートスケープ ▶アトリエ彩 ▶アールスリー ▶アルテピアッツァ ▶イープレイ ▶イメ-ジクラフト ▶インフィニティ ▶ウェブドゥジャパン ▶エイティング ▶エッジワークス ▶エヌケーシステム ▶オーツー ▶OVER FENCE ▶オープンドア ▶カゼネット ▶ガンバリオン ▶ガンホー・オンライン・エンターテイメント ▶キューエンタテインメント ▶クライマックス ▶クラインコンピュータエンタテインメント ▶クレーマージャパン ▶KBMJ ▶ケーツー ▶ゲームドゥ ▶コムシード ▶comcept ▶サイバーコネクトツー ▶サワノ ▶シー・ピー・トムズ ▶システムクラフト ▶システムクリエイト ▶システムソフト・アルファー ▶翔泳社 ▶白組 ▶スカラベスタジオ ▶スクウェア・エニックス ▶スパークス ▶スマイルビット ▶スリーリングス ▶セガ・インタラクティブ ▶セーラー ▶ティーアールピージー・タイム ▶デジタル・メディア・ラボ ▶デジタルワークスエンターテインメント ▶テックアーツ ▶テラネッツ ▶電遊社 ▶トーセ ▶ドラス ▶日商総合企画 ▶日本一ソフトウェア ▶ネクシスコミュニケーションズ ▶ネバーランドカンパニー ▶ハイド ▶パオン ▶ハンズオン・エンターテイメント ▶ビーアイコミュニケーションズ ▶ヒューネックス ▶ファーストスマイルエンタテインメント ▶ファブリカ ▶ファング ▶ブルーゲール ▶ブレーンバスター ▶フロム・ソフトウェア ▶ペガサスジャパン ▶ボトルキューブ ▶メディアエンターテインメント ▶メディア・マジック ▶モス ▶ヤマサエンターテインメント〔エピクロス〕▶ユードー ▶レベルファイブ ▶六面堂 ▶ロケットスタジオ

他、全国各地のゲーム会社実績多数

©2016 Human Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.

Topに戻るTop